« 「人工知能に仕事を奪われ職に就けるのはたった1割!?」 | トップページ | 消える仕事 残る仕事 »

2017年3月 7日 (火)

『大天使のように』バタイユ

『大天使のように』バタイユ

罪深い無限
無限のひび割れた器
果てしない廃墟

私をやんわり押しつぶす無限
私は緩む
宇宙は有罪だ

翼持つ狂気 私の狂気が
無限を引き裂く そして
無限が私を引き裂く


私は孤独だ
盲人たちにはこの文句が読めよう
果てしないトンネルに似た文句が

私は無限の中に落ち込む
無限はそれ自体のなかに落ち込む
それは私の死よりも黒い

太陽は黒い
一個の存在の美は穴倉の底
決定的な夜の叫び

光のうちにそれを凍らす
戦慄を愛ずるものは
夜の欲望

(生田耕作訳)

「奢灞都館」は生田耕作さんがフランス異端文学の紹介に努めて自著作を出版した。「低俗と量産の時代に、敢て問う誇り高き少数者の声。瓦礫文化の底から、埋れた結晶群の美を探る〈反時代的〉コレクション。細心の編集と瀟洒な造本で贈る」。創始者の生田さは昭和文芸界の中に粋で確固たるフィロソフィーのある人物で、様々な活動や生き方はエレガントで、ジャーナリズムに迎合する文芸界に愛想を尽かして、渋沢龍彦や土方巽ほかの盟友と袂を分かち、東京中心ジャーナリズムと距離を置いた。


« 「人工知能に仕事を奪われ職に就けるのはたった1割!?」 | トップページ | 消える仕事 残る仕事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。