« 宮崎駿さん長編アニメ監督引退を撤回 | トップページ | 新譜紹介 »

2017年3月 2日 (木)

SIGHT 65号 総力特集:電力が足りているのに原発を再稼働。その欲望が怖い

SIGHT 65号 総力特集:電力が足りているのに原発を再稼働。その欲望が怖い

3.11以降の世論調査では常に6割の人が脱原発を支持している。さらに福島第一原発事故のあと、原発がなくても日本の電力供給が崩壊するわけではないことを、数年間の現実が証明している。
それでは何故、日本はいまだに原発をやめることができないのか?


原発をなくすためには、「世間が望む福島」と「現実の福島」のズレに向き合わなければならない
開沼 博 社会学者/立命館大学准教授

「原子力立国」の崩壊を認められない政府と電力会社が、国民にツケを払わせている
吉岡 斉 九州大学教授

脱原発が導く、明るく正しい世界の在り方を示さなければならない
坂本龍一

日本人の頭と実力と勤勉さがあれば世界の電力供給を変えるぐらいの明るい未来はある
田中秀征 民権塾主宰/元経済企画庁長官

「脱原発区長」が5年をかけて実現した、原発に頼らない地域生産型エネルギーが示す革命の一歩
保坂展人 世田谷区長

絶対に採算の取れない原発ビジネスを回し続ける、「原発マネー」の呪縛を絶たねばならない
中野洋一 九州国際大学教授

日米関係を歪め続け、それでも原発をあきらめない歪んだ欲望を止めなければならない
猿田佐世 新外交イニシアティブ事務局長/弁護士

総論対談:一人称で語らない上から目線の「正義」はもういらない
内田樹 哲学者・神戸女学院大学名誉教授/武道家・凱風館館長
×
高橋源一郎 文芸評論家・作家/明治学院大学教授

連載
連載インタヴュー:北野武 『人気』を語る
マンガ いしいひさいち「ガラクタの世紀」
小説 小田嶋隆 小田嶋隆の「私物小説」
国際政治 酒井啓子 目からウロコの中東の常識・非常識「中東ABC」
エッセイ 斎藤美奈子 「君よ知るやニッポンの産業遺産」
SIGHT LINE:Gerd Ludwig

http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/143599Img_7494


« 宮崎駿さん長編アニメ監督引退を撤回 | トップページ | 新譜紹介 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。