« 自販機のメニューに注目 | トップページ | 鴨川を行く »

2017年4月23日 (日)

池田屋騒動

尊攘派志士がクーデターを起こすという情報を得ていた新撰組が、元治元年(1864)6月5日夜に、三条小橋西詰の旅館「池田屋」を襲撃した事件。
Img_8982_2

四条小橋上の薪炭商古高俊太郎を捕らえて、壬生屯所で土方歳三の拷問により自白させた。
「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ動座させる」
長州藩・土佐藩・肥後藩等の尊王派が、逮捕された古高奪回のための襲撃計画について、実行するか否かを協議する会合が、池田屋か四国屋に於いて行われる事を突き止めた。
新撰組は池田屋へ近藤勇と土方歳三らと合流。宮部鼎蔵ら9名を斬殺、23名を捕らえた。これによって「新撰組」の名は一躍世に知れ渡った。

坂本龍馬は池田屋事件から、土佐勤皇党の石川潤次郎や、海軍操練所の塾生・望月亀弥太など同志を亡くした。幕府によって活動が抑圧されている尊皇攘夷の過激派を、京から蝦夷へ移住させる計画が中止される。その後に池田屋事件や禁門の変などの尊皇攘夷の活動に、塾生が関わっていたことから、幕府によって海軍操練所を閉鎖させられる。

« 自販機のメニューに注目 | トップページ | 鴨川を行く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。