« 2017/8/4 [新譜紹介] | トップページ | NHK FM『ウイークエンドサンシャイン』サマースペシャル »

2017年8月 4日 (金)

東芝フラッシュメモリーの生産体制を強化

(Bloomberg)  東芝は3日、建設中の四日市工場(三重県四日市市)第6製造棟の建設計画をめぐり、合弁先の米ウエスタンデジタル(WD)傘下のサンディスクが生産設備への投資に参加せず、単独で進める方針を発表した。

  四日市工場は東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の生産拠点。第1期分として予定している生産設備の導入や、第2期分の建屋建設への投資を東芝メモリが単独で負担する。そのため、従来約1800億円と想定していた総投資額が150億円増加し、約1950億円となることも明らかにした。

  生産設備の導入は12月を予定。メモリの生産は従来から東芝メモリが行っているため、生産には影響を与えないとしている。

  東芝の広報担当、平木香織氏はサンディスクと合意に至らなかった理由について「設備投資に関する考えに大きな隔たりがあった」と説明。スマートフォンの記憶媒体として使われるNAND型フラッシュメモリーの需要が拡大する中、生産体制の強化が必要不可欠との考えを強調した。

  一方、WDは、第6製造棟を含め東芝との合弁事業に投資する意思はあるとの声明を発表した。「東芝の発表には失望しているが、合弁契約においては当社は東芝と共同で投資する権利がある」との姿勢を示した。

(©2017 Bloomberg L.P.)

« 2017/8/4 [新譜紹介] | トップページ | NHK FM『ウイークエンドサンシャイン』サマースペシャル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。