« 蝉の抜け殻 | トップページ | 新しい世界の文学シリーズ 〔白水社〕 »

2017年8月 7日 (月)

100分de名著『野火』大岡昇平

太平洋戦争末期のフィリピン戦線における一兵士の異常な経験を描いた『野火』は、1952(昭和27)年に発表されるや大きな反響を呼んだ。戦争、人間、神、倫理──本作に込められた多彩な主題を、作家・島田雅彦が読み解く。番組の第4回では、2014年に本作を映画化した塚本晋也監督がゲストとして登場予定。

Img_0749

【講師】作家…島田雅彦【司会】伊集院光,島津有理子【朗読】岩井秀人【語り】加藤有生子

日本軍の劣勢が確実になる中、肺病のために部隊を追われ、野戦病院からも食糧不足のために入院を拒否される田村一等兵。米軍の砲撃によって陣地は崩壊し、田村は熱帯ジャングルの中をあてどなくさ迷い続ける。絶望的な状況の中、田村は「一種陰性の幸福感が身内に溢れる」のを感じ、いつしか「自身の孤独と絶望を見極めようという暗い好奇心」に駆られていく。彼は、戦場レイテ島の極限状況の中で、一体何を見たのか?

https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062230772017.html

「100分de名著 大岡昇平『野火』」
■放送日:第1回:8月7日(月)、第2回:8月14日(月)、第3回:8月21日(月)、第4回:8月28日(月) 再放送あり
■放送時間:毎週月曜22:25~22:50放送(全4回) NHK Eテレ
■番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/meicho/

Img_0750

映画『野火』のアンコール上映が決定 「100分de名著」に大岡昇平『野火』が登場
https://www.bookbang.jp/article/535128

 

« 蝉の抜け殻 | トップページ | 新しい世界の文学シリーズ 〔白水社〕 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。