« 怪奇幻想の文学 Tales of Horror and the Supernatural 新人物往来社 | トップページ | 廊下を曲がる »

2017年9月27日 (水)

横尾忠則現代美術館『横尾忠則 HANGA JUNGLE』開催

期間 9月9日から12月24日まで。キーワードは「HANGA」と「JUNGLE」。世界的に通用する「HANGA」という英単語の使用には、伝統的な意味が付随する版画とは違う“超版画”であるという意味が含まれており、「JUNGLE」という言葉には、横尾の表現の多様性とジャングルのイメージを重ね合せている。

Img017

この2つのキーワードに沿って、横尾の“HANGA群”を“JUNGULE”のイメージで壁面を埋め尽くすように展示。「1968~70 制作プロセスの作品化 版と刷り」をはじめ、「1980~84 画家宣言 ドローイングからペインテンィングへ」、「1990~現在 今昔物語」など時代ごとに7つのテーマで作品を鑑賞することができるほか、6つの新作版画も出品される。

Img018

会期中には、「ザ・タイガース」の元メンバー・加橋かつみによるライブ(10月1日)や、ブロガー・インスタグラマー向け無料招待会(9月29日)、舞踏家の大野慶人によるパフォーマンスとレクチャー(11月19日)、横尾作品の一部を模写して版画作品を作るワークショップ(10月28日)、学芸員による展示解説(10月7日・11月10日・17日)も実施される。

http://www.ytmoca.jp/

« 怪奇幻想の文学 Tales of Horror and the Supernatural 新人物往来社 | トップページ | 廊下を曲がる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。