« 「必要なのは対話ではない。圧力だ」安倍総理 | トップページ | マリオ・バルガス=リョサ『読書と虚構を褒め称えて』 »

2017年9月24日 (日)

『若い小説家に宛てた手紙』マリオ バルガス=リョサ 〔新潮社〕

『若い小説家に宛てた手紙』マリオ バルガス=リョサ 〔新潮社〕

「成功したフィクション、あるいは詩の中には、理性的な批評的分析ではどうしてもとらえることのできない要素、もしくは広がりがあります。ですから、他人に創作法を教えることなどできません。できるのはせいぜい文章の書き方や本の読み方を教えるくらいのことです。」
マリオ バルガス=リョサ が寓意と示唆、冷静な分析と文学への情熱が語らう。三幕構成や起承転結などの表層技術でなく、骨子となる小説の基本構造を書簡形式で説明。即効性のある技術や、啓蒙的な精神論ではなく、小説の仕組みが記されている。

目次

第一章 サナダムシの寓話
第二章 カトブレパス
第三章 説得力
第四章 文体
第五章 語り手。空間
第六章 時間
第七章 現実のレヴェル
第八章 転移と質的飛躍
第九章 入れ子箱
第十章 隠されたデータ
第十一章 通底器
第十二章 追伸風に

http://bookjapan.jp/search/review/201010/godai_yuu/20101019.html


『ラテンアメリカ五人集 』 (集英社文庫)の中に収録されている、マリオ・バルガス=リョサ作「子犬たち」が、とびきり傑作だった。作者の作劇方法やエッセイを読みたいと思い『若い小説家に宛てた手紙』を購入した。懐かしく面白い創作入門講座。
Img_1431


« 「必要なのは対話ではない。圧力だ」安倍総理 | トップページ | マリオ・バルガス=リョサ『読書と虚構を褒め称えて』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「必要なのは対話ではない。圧力だ」安倍総理 | トップページ | マリオ・バルガス=リョサ『読書と虚構を褒め称えて』 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。