« プッシー・ライオット、ニューヨークのトランプ・タワーで抗議活動を行った映像を公開 | トップページ | ぐるなび今期一転減益に。経常利益34%減。 »

2017年10月31日 (火)

The Rolling Stones “On Air”2017年12月1日発売

『オン・エア』はストーンズが1963年~65年に出演した英BBCのラジオ番組でのライブ音源を集めたアルバムで、スタンダード・エディションには18曲、デラックス・エディションにはボーナス・トラックを追加した計32曲を収録。

それぞれアビイ・ロードのエンジニアたちの手による音源の分離処理が施され、1963年に『Saturday Club』で披露された「Come On」をはじめ、これまで正式にレコーディングもしくは発売されてこなかった「Roll Over Beethoven」「Cops And Robbers」「Memphis, Tennessee」「Hi Heel Sneakers」「Fannie Mae」「Ain’t That Loving You Baby」「Beautiful Delilah」「Crackin' Up」のパフォーマンス音源も収められる。

Harpercollins1

The Rolling Stones “On Air”2017年12月1日発売
・1CD(スタンダード)2,500円+税(UICY-15695)
・2CD(デラックス)3,600円+税(UICY-78515/6)
・2枚組LP(ゲートフォールド/180g重量盤)5,000円+税(UIJY-75071/2)
・2枚組カラーLP【ユニバーサルミュージック・ストア限定発売】(ゲートフォールド/180g重量盤)5,500円+税 (PDJT-1001/2)

ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』
ディスク1
1. カム・オン / Come On(Saturday Club, 1963)
2. サティスファクション/ (I Can’t Get No) Satisfaction (Saturday Club, 1965)
3. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン / Roll Over Beethoven (Saturday Club, 1963)
4. クモとハエ / The Spider And The Fly (Yeah Yeah, 1965)
5. コップス・アンド・ロバーズ / Cops And Robbers (Blues in Rhythm, 1964)
6. イッツ・オール・オーヴァー・ナウ / It’s All Over Now (The Joe Loss Pop Show, 1964)
7. ルート66 / Route 66 (Blues in Rhythm, 1964)
8. メンフィス・テネシー / Memphis, Tennessee (Saturday Club, 1963)
9. ダウン・ザ・ロード・アピース / Down The Road Apiece (Top Gear, 1965)
10. ラスト・タイム / The Last Time (Top Gear, 1965)
11. クライ・トゥ・ミー / Cry To Me (Saturday Club, 1965)
12. マーシー・マーシー / Mercy, Mercy (Yeah Yeah, 1965)
13. オー・ベイビー / Oh! Baby (We Got A Good Thing Goin’) (Saturday Club, 1965)
14. アラウンド・アンド・アラウンド / Around And Around (Top Gear, 1964)
15. ハイ・ヒール・スニーカーズ / Hi Heel Sneakers (Saturday Club, 1964)
16. ファニー・メイ / Fannie Mae (Saturday Club, 1965)
17. ユー・ベター・ムーヴ・オン / You Better Move On (Blues in Rhythm, 1964)
18. モナ / Mona (Blues In Rhythm, 1964)

Bonus Tracks (2CDデラックス/2LP)
19. 彼氏になりたい / I Wanna Be Your Man (Saturday Club, 1964)
20. かわいいキャロル / Carol (Saturday Club, 1964)
21. アイム・ムーヴィング・オン / I’m moving On (The Joe Loss Pop Show, 1964)
22. イフ・ユー・ニード・ミー / If You Need Me (The Joe Loss Pop Show, 1964)
23. ウォーキング・ザ・ドッグ / Walking The Dog (Saturday Club, 1964)
24. コンフェッシン・ザ・ブルース / Confessin’ The Blues (The Joe Loss Pop Show, 1964)
25. エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ / Everybody Needs Somebody To Love(Top Gear, 1965)
26. リトル・バイ・リトル / Little By Little (The Joe Loss Pop Show, 1964)
27. エイント・ザット・ラヴィング・ユー・ベイビー / Ain’t That Loving You Baby (Rhythm And Blues, 1964)
28. ビューティフル・デライラ / Beautiful Delilah (Saturday Club, 1964)
29. クラッキン・アップ / Crackin’ Up (Top Gear, 1964)
30. アイ・キャント・ビー・サティスファイド / I Can’t Be Satisfied (Top Gear, 1964)
31. 恋をしようよ / I Just Want to Make Love To You (Saturday Club, 1964)
32. 南ミシガン通り2120 / 2120 South Michigan Avenue (Rhythm and Blues, 1964)

iTunes配信リンク:
デラックス
https://itunes.apple.com/jp/album/on-air-deluxe/id1299808478?app=itunes&at=10I3LI

スタンダード
https://itunes.apple.com/jp/album/on-air/id1299805982?app=itunes&at=10I3LI

« プッシー・ライオット、ニューヨークのトランプ・タワーで抗議活動を行った映像を公開 | トップページ | ぐるなび今期一転減益に。経常利益34%減。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。