« 2017年12月 | トップページ

2018年1月23日 (火)

スーパー太平記 予告

Photo

少年雑誌のまんが予告

2018年1月22日 (月)

都心の積雪6cm、23区に4年ぶり大雪警報

 気象庁は22日、東京23区と多摩全域に大雪警報を発令した。

 午後4時現在、都心の積雪は6センチ。

 東京23区の大雪警報は2014年2月14日以来約4年ぶり。

2018年01月22日 16時17分 読売新聞

2018年1月21日 (日)

灘の酒なんだな

P1000111

2018年1月20日 (土)

商人とオウム ~ペルシャのおはなし~文:ミーナ・ジャバアービン / 絵:ブルース・ホワットリー / 訳:青山 南

Bo1

 ペルシャの商人が、歌もうたえば、言葉もしゃべる、羽はあかるくひかるオウムのおかげで、商売は順調。ある外国人の商人たちは、オウムにびっくりして、品物を全部買っていてしまいまう。

 売るものがなくなった商人はインドに仕入れにでかける。「自由に飛んでいるオウムをみたら、わたしもみんなともういちど飛びたい、森のかおりをすいたい」と伝えてくれという。

 商人はインドで、商売の品物をどっさりと買い込み、奥さんや娘、料理人にもお土産を買いこんだ。
 ペルシャへの帰り道、商人は深い森で、自由に飛び回っているオウムにあい、伝言を伝えた。
 するとオウムたちは次から次へと木の枝からおっこちて、地面でぴくりともしなくなる。

 やがてペルシャにもどった商人は、どうしても教えてくれというオウムにいわれて、森の中であった不思議なできごとについて話す。それを聞くとオウムは金でできたブランコからすとんと落ちて、ぴくりともしなくなってしまう。
 商人がオウムが死んだものと思って、籠からオウムをテーブルにおくと、オウムが羽をはばたかせ天井に舞い上がっていく。

 オウムは「インドのともだちからのメッセージのおかげです」というと、天井の穴からはるばるインドへ、自由に飛んでいる友だちのところへ飛んでいく。

12031

絵本の宣伝文句
 「商売上手のペルシャ商人VSふるさとに帰りたいオウム、ここ一番の大勝負のかけひきのゆくえは?」とあって、思わず読んでみたいと思わせる。

 この絵本のもとになったのは、13世紀にペルシャにいた詩人の詩とあり、ペルシャからインドへシルクロードを旅する風景もうたわれていたようだ。

「商人とオウム」 ミーナ・ジャバアービン 文  ブルース・ホワットリー 絵 

 青山 南 訳/ 光村教育図書/2012年初版 

新譜紹介

1. Shame / Lampoon
2. Shame / Dust on Trial

Songs of Praise [CD, Import] Songs of Praise [CD, Import]
Shame


3. Black Rebel Motorcycle Club / Little Thing Gone Wild
4. Black Rebel Motorcycle Club / Spook

Wrong Creatures [Import] Wrong Creatures [Import]
ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ


5. N.E.R.D / Don't Don't Do It! (with Kendrick Lamar)
6. N.E.R.D / Deep Down Body Thurst
7. N.E.R.D / Voila (with Gucci Mane and Wale)

No One Ever Really Dies [CD, Import] No One Ever Really Dies [CD, Import]
N.E.R.D.


8. Lil Uzi Vert / The Way Life Goes (feat. Oh Wonder)
9. Lil Uzi Vert / Dark Queen

Luv Is Rage 2 [Import] Luv Is Rage 2 [Import]
Lil Uzi Vert


10. King Krule / Half Man Half Shark (2017)

The Ooz [CD, Import] The Ooz [CD, Import]
King Krule

11. SZA / The Weekend (2017)

Ctrl [CD, Import] Ctrl [CD, Import]
SZA

12. Thundercat / Show You the Way (feat. Michael McDonald and Kenny Loggins) (2017)

Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤]
サンダーキャット

2018年1月19日 (金)

映画『She's Rain』(シーズ・レイン)

1993年に公開された日本映画。カラー・95分。
「シーズ・レイン」製作委員会が制作、東映アストロが配給した青春映画。平中悠一の同名小説「She's Rain」(1985年度文藝賞受賞作)の映画化作品で、白羽弥仁の監督、小松千春、染谷俊の主演による。

C7291d6ca3184eee8abf6d6bb0c94670


大阪北摂から神戸にいたる地域、阪急沿線は、一種独特の雰囲気を持つところである。芦屋や夙川あたりのお屋敷町をかかえ、この地域で生まれ育った子供たちは中流以上の生活と意識を持ち、スノッブな雰囲気に満ちている。そんな高校生たちの少し背伸びした恋愛模様を描いた作品である。

配役には当時、人気急上昇中だった小松千春、新進気鋭のアーティストだった染谷俊、売り出し中だった成田路実、有森也実、菊池麻衣子のほかに、松岡英明、野田幹子といった当時の人気アーティストが出演していることも目を引く。

映画化された内容については、部分的に方言が使われていたりして未完成なところも散見され、興行的には成功しなかった。

主演の染谷が劇中で歌う曲は「同じ空を見てた」。この曲は染谷のアルバム『ぼくのたくらみ』に収録されている。主題歌は大江千里の「砂の城」。エンディングにつけたしのような感じで流れるのは、原作者の平中悠一が大江の関西学院大学の後輩という縁から、このタイアップが急遽決まったことによる。この曲は大江のアルバム『六甲おろしふいた』に収録されている。

興行的には成功したとはいえなかったものの、公開後の1995年にこの地域が阪神・淡路大震災で壊滅的被害を受けたことで、本作は別の価値を持つこととなった。ほぼ全編が神戸や阪急沿線でのロケで構成されているため、結果として震災前の貴重な建物や町並みが映像に留められたからである。震災20周年の節目を目前に、2014年12月18日にBlu-ray Discが限定生産で発売された。
《Wikipediaより》
C0b239a725344671b48a56b06c830482

 

067a01e036cd47bda4dbf38a23956152

2018年1月18日 (木)

阪神・淡路大震災から23年

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から、17日で23年です。
神戸市など大きな被害を受けた地域では、地震が起きた午前5時46分に合わせて遺族などが黙とうし、犠牲者を悼みました。
このうち神戸市中央区の公園「東遊園地」では、およそ7000本の竹の灯ろうに明かりがともる中、遺族や当時被災した人たちなどが黙とうし、犠牲者に祈りををささげました。


【体験談】阪神淡路大震災の朝に小学生だった私が感じたこと
https://rocketnews24.com/2018/01/17/1008578/D8899b0c73e44c3fa514c537cec1832e


2018年1月17日 (水)

酒粕の味噌汁です

27c662d265854028a34677fddff253dc
心も温かくなります。


2018年1月16日 (火)

平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情

【現代ビジネス】平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情


いま日本の社会は、大きな転換点を迎えている。格差拡大が進むとともに、巨大な下層階級が姿を現わしたからである。その数はおよそ930万人で、就業人口の約15%を占め、急速に拡大しつつある。それは、次のような人々である。

平均年収はわずか186万円で、貧困率は38・7%と高く、とくに女性では、貧困率がほぼ5割に達している。

貧困と隣り合わせだけに、結婚して家族を形成することが難しい。男性では実に66・4%までが未婚で、配偶者がいるのはわずか25・7%である。女性では43・9%までが離死別を経験していて、このことが貧困の原因になっている。生活に満足している人の比率も、また自分を幸せだと考える人の比率も、きわだって低い。

健康状態にも問題がある。4人に1人は健康状態がよくないと自覚している。心の病気を経験した人の比率は、他の人々の3倍近い2割に上っている。そして多くが、「絶望的な気持ちになることがある」「気がめいって、何をしても気が晴れない」「自分は何の価値もない人間のような気持ちになる」と訴える。

暗い子ども時代を送った人が多い。いじめにあった経験をもつ人が3割を超え、不登校の経験者も1割に達し、中退経験者も多い。支えになる人も、少ない。親しい人の数は少なく、地域の集まりや趣味の集まり、学校の同窓会などに参加することも少ない。そして将来の生活に、過半数の人々が不安を感じている。

どんな人々か。パート、派遣、臨時雇用など、身分の不安定な非正規雇用の労働者たちである(技能職・建設職など)。仕事の種類は、マニュアル職、販売職、サービス職が多い。平均労働時間はフルタイム労働者より1-2割少ないだけで、多くがフルタイム並みに働いている。

資本主義社会の下層階級といえば、かつてはプロレタリアート、つまり労働者階級と相場が決まっていた。自営業者などの旧中間階級を別とすれば、資本主義社会を構成する主要な階級は、経営者などの資本家階級、専門職・管理職などの新中間階級、そして労働者階級であり、労働者階級は最下層のはずだった。

ところが同じ労働者階級であるはずの正規雇用の労働者は、長期不況にもかかわらず収入が安定し、貧困率も低下してきている。労働者階級の内部に巨大な裂け目ができ、非正規労働者は取り残され、底辺へと沈んでいったのだ。

新しい下層階級=アンダークラスの誕生である。アンダークラスはこれまで、とくに米国で、都市の最下層を構成する貧困層を指す言葉として使われてきた。しかし格差が拡大するなか、日本にも正規労働者たちとは明らかに区別できるアンダークラスが誕生し、階級構造の重要な要素となるに至ったのである。こうして生まれた新しい社会のあり方を「新しい階級社会」と呼ぼう。

2015年に全国の1万6000人、2016年に首都圏に住む6000人を対象に行なった調査の結果、資本主義のメインストリームに位置する資本家階級、新中間階級、正規労働者という三つの階級の間には格差や差異が依然として存在するものの、これらとアンダークラスは、あらゆる点で異質であることが明らかになった。

全文はURL先で
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53945

2018年1月15日 (月)

山女【やまめ】

山女【やまめ】
サクラマスの稚魚。または、サクラマスで幼魚のときに海に下りず、川にとどまって成長したもの。

山女【やまめ】の例文(使い方)
美しく気品ある、渓流の女王、山女(ヤマメ)

きれいな渓流に棲み、その美しい姿から名前がつけられた山女(ヤマメ)

2018年1月14日 (日)

高村薫 「我らが少女A」毎日新聞連載中

91_2

2017年8月1日から高村薫さんによる新連載「我らが少女A」が始まりました。合田雄一郎刑事シリーズ最新作です。

東京郊外で起きた殺人事件。過去と現在が交錯し、土地と人間が溶け合う中で、現代が浮かび上がります。
https://mainichi.jp/girlsA/

61

2018年1月13日 (土)

高村薫『四人組がいた』文藝春秋

Img_3520
元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。儲け話と、食い物に目のない老人四人組は、集会所に集まっては、日がな一日茶飲み話を。だがそこへ、事情を知ってか知らぬか、珍客がやって来て―。タヌキのアイドルに、はたまたキャベツの大行進。最後には、閻魔様まで!!現代を、冷静かつ緻密に描写しつづけてきた著者が、今の日本を、地方からユーモアを交えて軽妙かつシニカルに描き出す。奇想天外、ブラックユーモアに満ちた十二編。

高村薫の新作を電子書籍で読もうと検索したら、紙媒体でしか作品を出してないと分かる。それでミステリーではない転機となった『四人組がいた』を手にしたら、笑いを取るタヌキの世界だった。

https://r.nikkei.com/article/DGXDZO77068360T10C14A9MZB001

Img_3522
Img_3519

 

2018年1月12日 (金)

新譜紹介

1. Eminem / Remind Me
2. Eminem / River (feat. Ed Sheeran)
3. Eminem / Like Home (feat. Alicia Keys)
4. Eminem / Heat
5. Eminem / Arose

Revival [CD, Import] Revival [CD, Import]
Eminem


6. Neil Young and Promise of the Real / Already Great
7. Neil Young and Promise of the Real / Almost Always
8. Neil Young and Promise of the Real / Children of Destiny

THE VISITOR [CD, Import] THE VISITOR [CD, Import]
NEIL YOUNG + PROMISE OF THE REAL


9. Nick Drake / Pink Moon (1972)

Pink Moon [CD, Remastered, Import] Pink Moon [CD, Remastered, Import]
ニック・ドレイク

10. Johnny Marr and Maxine Peake / The Priest (2017)

The Priest The Priest
Johnny Marr & Maxine Peake

11. Thundercat / Show You the Way (feat. Michael McDonald and Kenny Loggins) (2017)

Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤]
サンダーキャット

2018年1月11日 (木)

風力発電

Img_3485


Img_3484


2018年1月10日 (水)

ジブリ美術館「毛虫のボロ」上映開始

三鷹の森ジブリ美術館にて、短編アニメーション映画「毛虫のボロ」が上映開始されることが発表となった。映像展示室「土星座」にて2018年3月21日(水・祝)より上映される今作とあわせて、美術館2階ギャラリーでは関連展示も行われる。

宮崎駿監督は、長年 “虫の目から見た世界” を描く企画をあたためていたという。ジブリ美術館でも、絵の描かれたガラス板を重ねて作られた、奥行きのある世界をのぞいて楽しめる展示物 “パノラマボックス” のひとつで、「毛虫のボロ」を紹介していた。本作は、宮崎駿監督が映画「風立ちぬ」公開以降初めて手掛けた映像作品で、ジブリ美術館だけで上映されるオリジナル短編アニメーションとしては10本目となる。

Kemusinoboro

「毛虫のボロ」
原作・脚本・監督:宮崎駿
時間:14分20秒

【ものがたり】
草むらのなか、夜が明ける前に卵からかえった毛虫のボロ。初めて見る朝陽はとてもまぶしくて、世界はおいしそうな空気にあふれていました。ボロはボロギクの根元に降り立ち、毛虫の仲間たちや外敵が行き来する世界へと踏み出します。

2018年1月 9日 (火)

ジブリ『熱風』これからの日本の進む道

小冊子『熱風』2018年1月号
特集/斉藤 惇 ロング・インタビュー これからの日本の進む道

「だって日本は本当に子供いないんだから。こんな国、衰退しますよ。
何がなんでも人間は増やさなければいけません」
特別寄稿【旅を書く】
知らないどこかで朝食を(川内有緒)


連載
【不定期連載】
第4回  ワトスン・ノート~語られざる事件簿~(いしいひさいち)

第9回   海を渡った日本のアニメ
 私のアニメ40年奮闘記(コルピ・フェデリコ)
――――ミヤザキ・シュンとの出会い

第5回  シネマの風(江口由美)
――[今月の映画]『アバウト・レイ 16歳の決断』

第23回  日本人と戦後70年(青木 理)
――[ゲスト]山崎雅弘さん

執筆者紹介
ジブリだより / おしらせ / 編集後記
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/012820/F50f36a4de284f16afa9ce80004f03ae


2018年1月 8日 (月)

MONKEY vol.13 食の一ダース 考える糧

特集:食の一ダース 考える糧

柴田元幸が今、注目する作家11名による
「食」をテーマにした特集をお届けします。 

http://www.switch-store.net/SHOP/MO0013.html

特集 食の一ダース 考える糧

リオノーラ・キャリントン 恋する男
堀江敏幸 あの辺り
西加奈子 ゼイナブの指
戌井昭人 食いものと人 
小山田浩子 緑菓子 
ブライアン・エヴンソン どんな死体でも
砂田麻美 溶けてゆく名前
神慶太 糸
村田沙耶香 素晴らしい食卓
ジェームズ・ロバートソン ビッグ・マック/牛乳/カフェの死神
坂口恭平 ロンパの森
竹花いち子

猿からの質問
池田エライザ 東陽片岡 栗原康
小島ケイタニーラブ 滝口悠生 藤原新也
マシュー・シャープ エミリー・ミッチェル

ボブ・ディラン ノーベル賞受賞講演 訳=柴田元幸

日本翻訳史 明治篇 後半 講師=柴田元幸

連載
川上弘美 古川日出男 岸本佐知子

Img_3494

2018年1月 7日 (日)

アメリカ東部で記録的な大寒波

S_ice_screenshot_201801051314511

アメリカ東部では記録的な大寒波が続いていて、ニューヨークなど各地に非常事態宣言が出ている。
多くの観光客でにぎわう5番街だが、4日は一面真っ白で、街を行く人の姿も多くない。
急速に発達した低気圧が、アメリカ東海岸を北上し、各地で猛吹雪となっている。
この影響で、東海岸の空港では、遅延や欠航が相次いでいる。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00381169.html

71

2018年1月 6日 (土)

新年のカレンダー

Img2018

Img0801

2018年1月 5日 (金)

犬の日本史

Img_3375


2018年1月 4日 (木)

ブルドッグソース

Img_3336
ブルドッグソースのラベル


2018年1月 3日 (水)

新年のスーパームーン

概ね月と地球との距離が36万km以内となって、いつもより大きく見える満月となる。新年のスーパームーンは視覚的にも、夜空に巨大に浮かんでいた。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14105015/

大電球、新年照らすスーパームーン
https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/life/amp/180103/lif1801030006-a.htmlImg_3363


2018年1月 2日 (火)

おまけの文化史

Img_3303


2018年1月 1日 (月)

「キンダーブックの90年 童画と童謡でたどる子どもたちの世界」

Img_3308

印刷博物館(東京都文京区)にて、「キンダーブックの90年 童画と童謡でたどる子どもたちの世界」展覧会が開催。

キンダーブックは園に直接配本される月刊保育絵本の先駆けで、時代ごとの幼児教育と密接に関わってきた。長きにわたり発行されてきた本誌をふり返ると、背景となるその時々の人々の生活や、作り手から子どもたちへの思いが今も生き生きと伝わる。
印刷技術の進歩と共に、創刊号から続く絵に写真が加わり、写真とイラストの組み合わせなど、その表現も大きく変化してきました。魅力的な誌面を作るための工夫や、編集者、画家や作家の思いなども紹介、約300点の資料を通じて、知られざる『キンダーブック』の世界をひも解く。

ホームページ http://www.printing-museum.org/exhibition/temporary/171021/index.html
~場所~TOPPAN小石川ビル内 印刷博物館 東京都文京区水道1-3-3
~会期~ 2018年1月14日(日)まで
~開催時間~ 10:00~18:00(入場は閉場30分前まで)
~入館料~ 一般500円、学生300円、中高生200円
~主催~ 凸版印刷株式会社 印刷博物館/株式会社フレーベル館

Img_3307


謹賀新年

Img_0591


« 2017年12月 | トップページ

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。