« 『黒いハンカチ』小沼丹(創元推理文庫) | トップページ | 文明堂カステラ本店 »

2018年3月18日 (日)

『小沼丹作品集』全5巻(小沢書店、1979.12~1980.9)

第1巻 1979.12.10
 
村のエトランジエ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
紅い花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
汽船―ミス・ダニエルズの追想‥‥‥‥36
バルセロナの書盗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
白い機影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
登仙譚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
ニコデモ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
村のエトランジエ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
白孔雀のゐるホテル‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
気鬱な旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
白孔雀のゐるホテル‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
帽子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
ガブリエル・デンベイ‥‥‥‥‥‥‥ 309
ペテルブルグの漂民‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
エヂプトの涙壷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
エヂプトの涙壷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
断崖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
砂丘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
 

第2巻 1980.2.15
 
不思議なソオダ水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
不思議なソオダ水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
マダムの階段‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
赤い帽子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
木犀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
遠い顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
女雛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
乾杯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
二人の男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
不可侵条約‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
焼餅やきの幽霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
黒いハンカチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
指輪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
眼鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
黒いハンカチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
蛇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
十二号‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
靴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
スクエア・ダンス‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
赤い自転車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
手袋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
シルク・ハツト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
時計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
 

第3巻 1980.4.20
 
懐中時計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
黒と白の猫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
タロオ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
蝉の抜殻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
揺り椅子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
影絵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
自動車旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
懐中時計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
ギリシヤの皿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
銀色の鈴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
小径‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
猫柳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
山のある風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
古い編上靴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
昔の仲間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
銀色の鈴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
 

第4巻 1980.6.30
 
更紗の絵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
椋鳥日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
ウエスト・エンド・レイン‥‥‥‥‥ 235
クラブ・アツプルの花‥‥‥‥‥‥‥ 256
テムズの灯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
アダムとカルメン‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
移民局と歯医者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
老人の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
緑色のバス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
 

第5巻 1980.9.20
 
藁屋根‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
藁屋根‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
眼鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
竹の会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
沈丁花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
キユウタイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
ザンクト・アントン‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
湖畔の町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
ラグビイの先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
木菟燈篭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
四十雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
槿花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
エツグ・カツプ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
鳥打帽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
ドビン嬢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
枯葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
木菟燈篭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
「一番」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
入院‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
胡桃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
花束‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 347
未刊作品
瘤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
浄徳寺さんの車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
カンチク先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
珍木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 42401d90ad3b2d74ec7b9ff640b221f5d64


C79a8ed0059d477d97e86f3eca0197d1

小沼 丹(おぬま たん、1918年9月9日 - 1996年11月8日)小説家、英文学者。
明治学院在学中、1939年『千曲川二里』発表。掲載誌を井伏鱒二に寄贈、後に訪問して師と仰ぐ。晩年に交流記を著書『清水町先生』にまとめる。
英文学研究のかたわら小説を書いて。1954年に『村のエトランジェ』が評価され、翌年『白孔雀のいるホテル』で芥川賞候補。1969年『懐中時計』で読売文学賞受賞、1974年『椋鳥日記』で平林たい子文学賞受賞。1989年日本芸術院会員。

« 『黒いハンカチ』小沼丹(創元推理文庫) | トップページ | 文明堂カステラ本店 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。