« となりのドトロくん | トップページ | 遺伝子は語る »

2018年6月18日 (月)

第159回芥川賞と直木賞の候補作発表

芥川賞には松尾スズキ「もう『はい』としか言えない」、直木賞には湊かなえさんの「未来」などがノミネート。
選考会は7月18日夕に開かれ、候補作は以下。

【芥川賞】古谷田奈月「風下の朱」▽高橋弘希「送り火」▽北条裕子「美しい顔」▽町屋良平「しき」▽松尾スズキ「もう『はい』としか言えない」

【直木賞】上田早夕里「破滅の王」▽木下昌輝「宇喜多の楽土」▽窪美澄「じっと手を見る」▽島本理生「ファーストラヴ」▽本城雅人「傍流の記者」▽湊かなえ「未来」

« となりのドトロくん | トップページ | 遺伝子は語る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト