« 木陰へ避難する | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2018年8月 3日 (金)

「愚者の旅」は零地点を目指している

「愚者は地上を通過の場としか見ない。
彼は断じてこの地上を定住すべき土地とは考えない。
世界の終末の後に愚者はそのかりそめの卑賤な姿をかなぐり捨てて、
彼岸の王子の光輝燦然たる素顔をはじめて明かすのだ。」
(種村季弘「愚者の旅」より)

« 木陰へ避難する | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ