« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月28日 (金)

菊咲けり妹は光の中に読む/結城不死鳥

菊咲けり妹は光の中に読む/結城不死鳥

菊咲けり妹は光の中に読む/結城不死鳥

菊咲けり妹は光の中に読む/結城不死鳥

2018年9月23日 (日)

『連句アニメーション「冬の日」』

『連句アニメーション「冬の日」』
監督・企画・出演: 川本喜八郎 演出・構成: 和田敏克 撮影: 吉村隆 解説・監修: 那珂太郎 監修: 尾形功
出演: ユーリ・ノルシュテイン/大井文雄/野村辰寿/鈴木伸一/福島治/石田卓也/ラウル・セルヴェ/守田法子/島村達雄/奥山玲子/小田部羊一/アレキサンドル・ペトロフ/米正万也/久里洋二/うるまでるび/林静一/一色あづる/ブシェチスラフ・ポヤール/保田克史/片山雅博/マーク・ベイカー/伊藤有壱/黒坂圭太/横須賀令子/浅野優子/IKIF/王柏栄/高畑勲/ひこねのりお/森まさあき/古川タク/コ・ホードマン/ジャック・ドゥルーアン/湯崎夫沙子/山村浩二
音響監督: 宇井孝司 効果: 伊藤道廣 音楽: 池辺晋一郎
朗読: 三谷昇/岸田今日子/柏木隆太/佐々木睦/吉見一豊/渡辺穣

2018年9月16日 (日)

映画『暗殺のオペラ』2K修復版

ベルナルド・ベルトルッチ29歳の監督作。

ルイス・ブニュエル賞を受賞した『暗殺のオペラ』は、作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説『裏切り者と英雄のテーマ』から着想を得た。

物語舞台を北イタリアの架空の町に置き換え、官能的なドラマに脚色して、父親の死の真相を探る男アトスの姿を描く。主人公のアトス役をジュリオ・ブロージ、アトスの父の愛人役をアリダ・ヴァリが演じた。
https://eiga.com/news/20180707/4/

7月21日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で公開される。デジタルリマスター版は3週間限定の上映。1970年作品『暗殺の森』も同会場で上映。

2018年9月 8日 (土)

映画『顔たち、ところどころ 』

出逢い、生活、思い出、そして人生。
まるで古いアルバムをめくるような
顔たち。
旅の条件は「計画しない」こと。
ヌーヴェルヴァーグの巨匠アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR、54歳差の二人旅。
アニメーションをはじめ、アートと人の笑顔に触れる。

炭鉱労働者の村に一人住む女性、ヤギの角を切らずに飼育する信条にする養牧者、港湾労働者の妻たち、廃墟の村でピクニック、アンリ・カルティエ・ブレッソンのお墓、ギイ・ブルタンとの思い出の海岸、JRの100歳の祖母に会いに行き、J.L.ゴダールが映画『はなればなれに』で作ったルーブル美術館の最短見学記録を塗り替える。
アニエスのだんだん見えづらくなる目、そしてサングラスを決して取ろうとしないJR、時に歌い、険悪になり、笑いながら、凸凹な二人旅は続く。
人々と触れあい、一緒に作品を残していく、高次元を目指すハートウォーミングなドキュメンタリーでありながら、これもまた映画作品である。
http://www.uplink.co.jp/kaotachi/

2018年9月15 日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、 アップリンク渋谷ほか全国順次公開。
脚本・監督・出演=アニエス・ヴァルダ+ JR
音楽 マチュー・シェディッド

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト