« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月29日 (火)

はれひめ

5908dadb8aa84026a270563546489977
愛媛のみかんです。


2019年1月22日 (火)

仲良し同盟

62349179ed1741ec867971d0a1498976


2019年1月19日 (土)

芥川賞受賞作品

芥川賞受賞した上田岳弘さんは、兵庫県明石市出身の39歳。早稲田大学を卒業して、IT企業の立ち上げに加わって会社役員を務めている。

平成25年に「太陽」で文芸誌の新人賞を受賞してデビューして、平成27年発表「私の恋人」で三島由紀夫賞を受賞。
https://www.sankei.com/life/news/190116/lif1901160033-n1.html

受賞作「ニムロッド」はサーバーの保守会社に勤める男性が、仮想通貨「ビットコイン」の取引データを記録する業務を命じられる物語。
誰かが記録して存在が証明されるビットコインの仕組みを描いて、恋人や会社の先輩とのやり取りと、先輩が書く小説を巧みに織り交ぜて、高度に情報化した社会の中で個人の在り方を問いかける文芸大作。

2019年1月12日 (土)

プチプチ・アニメスペシャル

「プチプチ・アニメスペシャル~映画監督 三池崇史のおくりもの~」
Eテレ 1月13日(日)午後4:20~4:50
「ころがし屋のプン」第1作目の10分を超える未公開スペシャルバージョンから、最新作「この子はだあれ?」まで放送。
http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=5239

2019年1月 5日 (土)

階段を下りると

E4a233bb140446838c74dd706cf10886
美術の時間だった!

2019年1月 3日 (木)

生活の発見

(1)現代人は人生をあまりに厳粛にとりすぎる。あまりに厳粛すぎるから、世界はうるさいことだらけになるのだ。(p54)

(2)中国哲学の特質はつぎの三点にある。第一に、人生をすべて技術としてみる天賦の質、第二に、単純哲学への意識的回帰、第三に、中庸的生活の理想。(p51)

(3)人生の積極的見方と消極的見方とを適当に融合させることによって、調和ある「中庸」の哲学に到達することができるのである。(p194)

著者について
【林語堂】
1895年中国福建省に生まれる。1976年没。学者、評論家。北京大学教授をつとめ、反封建闘争に参加したのち、戦後、ユネスコ芸術文学部長、シンガポール南洋大学総長等を歴任した。世界的なジャーナリストで、著書は、『北京好日』『わが国土・わが国民』他多数ある。

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

C558d6d0ce0d4f8b9140bc54ba9cf9fc

あけましておめでとうございます。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト