« 謹賀新年 | トップページ | 階段を下りると »

2019年1月 3日 (木)

生活の発見

(1)現代人は人生をあまりに厳粛にとりすぎる。あまりに厳粛すぎるから、世界はうるさいことだらけになるのだ。(p54)

(2)中国哲学の特質はつぎの三点にある。第一に、人生をすべて技術としてみる天賦の質、第二に、単純哲学への意識的回帰、第三に、中庸的生活の理想。(p51)

(3)人生の積極的見方と消極的見方とを適当に融合させることによって、調和ある「中庸」の哲学に到達することができるのである。(p194)

著者について
【林語堂】
1895年中国福建省に生まれる。1976年没。学者、評論家。北京大学教授をつとめ、反封建闘争に参加したのち、戦後、ユネスコ芸術文学部長、シンガポール南洋大学総長等を歴任した。世界的なジャーナリストで、著書は、『北京好日』『わが国土・わが国民』他多数ある。

« 謹賀新年 | トップページ | 階段を下りると »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト