« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

平成の空

91cac8857f3642efa5df5418a6d25e46 D00fa45e599e4af4a7dd89180b29b5fa

2019年4月28日 (日)

磯田秀人『きっかけ屋アナーキー伝: 昭和♡平成企画屋稼業♡ジャズもロックも本も映画も』

◯この本について

著者は企画屋、世に言うところのプロデューサー。

ふだん何気なく読んだり観たり聴いたりしている本や映画やCDやレコードは、ただ単に作家とか映画監督とか演奏家がいれば出来るわけではない。

筆者はシカゴやサンタナ、横尾忠則、細野晴臣、原田眞人、カール・セイガン、開高健、鴻上尚史、三谷幸喜、山下洋輔、村松友視、梅沢富美男、綾辻行人、ポール・ウィンター、綾戸智恵、牧野持侑、告井延隆たちとの「仕事」を通して、その悲喜こもごもを僕たちに伝えてくれる。

しかしながらプロデューサー業は過酷でもある。過去に映画を1本プロデュースした筆者は「映画創りの夢の代償として当時の年俸以上の借金を背負うことになった」(本文より)。

家屋敷を手放す覚悟がなければプロデューサーなんて出来ない・・・のかもしれない。それでも、時代を面白くするのは、こんな人がいるからだ!!

だから「アナーキー伝」なんだ。

こういう掟破りのヒトがいないと世の中に新しい波なんて起きないってこと。


◯筆者からのコメント

御年71歳、八白土星、太陽星座アクエリアスの磯田秀人です。

「無名の新人にしては写真と装丁がかっこいいな」と表紙に注目してくれる人がいるかもしれないね。小澤忠恭さん(写真)、野村高志さん(表紙デザイン)、ありがとうございます。

この本は50年近いぼくの仕事のあれこれを綴った本です。

本と映画と音楽を扱う娯楽全般のプロデューサーですが、ぼくは自分が面白いと思うことしか仕事にしません。ここ数年はクリスタルボウルのCDやイベントのプロデュースもやっていて、健康関連と癒やしにも興味の矛先が向いています。

昔ある人に「磯田は企画屋というより『きっかけ屋』だよな」って言われました。

以来、心の中ではスターティング・プロデューサー、きっかけ屋だと自認しています。そしてまた、若い頃からぼくはおせっかいなオススメ屋でした。

こんなジジイの生き方が、これからの時代を創る人の起爆剤にならんことを期待しています。


磯田秀人さんのページ

https://www.pinpoint.ne.jp/pinupboard/2019/04/01/post_98.php


◯目次

・はじめに。

・突然眼の前に働きたい会社が現れた~CBS・ソニーレコード~

・刃渡り30センチの蛮刀を突きつけられた~丸野正孝さん~

・クラブ活動じゃない、ここは会社だぞ~堤光生さん~

・なんでレコード会社の人はぺこぺこするんだ~亀渕昭信さん~

・原稿料3000円ですか?考えさせて下さい~植草甚一さん~

・新潟の高校一年生と40年目に初対面~シカゴと伊藤秀世さん~

・『ロータスの伝説』~横尾忠則さんとカルロス・サンタナさん~

・エリート・サラリーマンを無職にさせてしまった~高平哲郎さん~

・同級生にプロデュースをお願いする~細野晴臣さん~

・昼夜逆転して283時間スタジオで作業したレコード~四人囃子~

・文化遺産を2枚録音させてくれた大学の先輩 ~間章さん~

・処女監督と処女プロデューサーの船出~原田眞人さん~

・どこからも原稿執筆の依頼がないんですか?~竹本健治さん~

・私はUFOを信じていません~カール・セイガンさん、野田昌宏さん~

・北欧を一周してアイドル・カメラマンに転身~小澤忠恭さん~

・カイコウさんという方から電話がありました~開高健さん~

・ぼくの演劇事始め~鴻上尚史さん、三谷幸喜さん~

・ジャズの聖地に落とし前をつけた道場破りの旅~山下洋輔さん~

・驚天動地とはこのことだ~モーツァルトとの出会い~

・響きのいい空間がその後の人生を決めた~久が原に建てた家~

・耳をそばだてて聴く音楽との出逢い~つのだたかしさんとタブラトゥーラ~

・そのアタッシェケース拾ったと思われませんか?~村松友視さん、梅沢富美男さん~

・新本格ミステリ誕生秘話と作家エージェント~綾辻行人さん~

・マンハッタンの大聖堂でバッハを録音~ポール・ウィンターさん~

・ビーサンをはいたオバハンが突然歌い始めた~綾戸智恵さん~

・めまいを止めたのは医者や薬ではなく水晶だった~牧野持侑(じゅん)さん~

・世界で一番悲しいビートルズの思い出。

・たった一人でビートルズを再現~告井延隆さん~

・斬新なサウンドでアイヌの神謡を蘇らせたユニット~イチオン~

100年も前にサウンドセラピー童話を書いた人~宮沢賢治さん~

・すべては夢の中。



◯こんな方々も登場します(順不同・敬称略)

糸井重里、橋本伸一、都倉俊一、菅野ヘッケル、J.W.ガルシオ、鈴木智雄、石川博明、ジェームス・パンコウ、ロバート・ラム、井出情児、マハヴィシュヌ・ジョン・マクラフリン、田島照久、白木哲也、中西優一、奥成達、糸川英夫、間章、ミルフォード・グレイブス、デレク・ベイリー、タージマハール旅行団、清水美樹夫、市橋茂満、阿部薫、近藤等則、高木元輝、土取利行、デビッド・ベイカー、殿山泰司、南伸坊、大森一樹、川谷拓三、コシミハル、浅野温子、伊地智啓、崔洋一、紅谷愃一、秋山協一郎、我孫子武丸、歌野晶午、大友克洋、鏡明、ロバート・トゥルーアックス、ジョン・ヤング、アンナ・フィッシャー、小川義文、北島敬三、生田朗、阿部勤、小川格、岩澤良泰、キシン君、ゲンキチ君、宗像和男、佐々木節夫、玉木宏樹、島田荘司、宇山秀臣、上田紀行、佐藤蓬、金子夏枝、さとううさぶろう、石黒謙、あがた森魚・・・。


2019/4/28発売

株式会社ピンポイント


映画や音楽制作に関心ある人には、役立つきっかけとなるかも知れない本書ですね。

2019年4月20日 (土)

温水プールで泳ぐ

P1000268

2019年4月13日 (土)

噴水広場に

P1000038 P1000038

2019年4月10日 (水)

モーニングカフェ

P1000022

2019年4月 3日 (水)

時は金なり

P1000030

2019年4月 1日 (月)

知識人・張衡の詩がネットで話題に

新元号の引用元となった序文の歌碑を建立するらしい。

https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/040/248000c

知識人・張衡の詩がネットで話題に

歸田賦
朝代:兩漢
作者:張衡(ちょう こう)

原文:. 遊都邑以永久,無明略以佐時。徒臨川以羨魚,俟河清乎未期。感蔡子之慷慨,從唐生以決疑。諒天道之微昧,追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝,與世事乎長辭。 於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。


『田園に帰ろう 都住まいも久しくなるが、世をよくする功績なく、網も持たず、川岸で魚を得たいと望むばかり。黄河の澄むよい時世を待つも、何時のことか計られぬ。その昔、思いあぐねた蔡沢は、唐挙の占いに賭けて、迷いの霧をはらしたが、まこと人の運命は見通し難く 漁父をさがし求めて楽しみをともに分ちたいものだ。いざ、この世の塵芥から抜け出て遥かな彼方に去り、生臭い俗事との縁を永遠に絶とう。 おりしも今は 春も半ばのめでたい月よ。時節はなごやか 大気は澄んで岡も湿地も鬱そうと 百草は繁り花さく。鶚(みさご)は羽ばたき、倉庚(うぐいす)は悲しげに鳴き、頸すりよせて、上に下にと飛びかけり、仲睦まじく伴を求めて呼び交わす。いざやこの地に遊び歩き、しばらく情を楽しませよう。

そうして私は、大きな沢で龍の如く吟じ 山や丘で虎のように嘯き、仰いで細い?(いぐるみ)を放ち、俯し見ては長い流れに釣り糸を垂らすのだ。鳥は矢にあたって斃れ、魚は餌を貪って鉤(はり)を呑む。かくて雲間を飛ぶがんも射落され、深い淵にひそむ?鰡も釣りあげられる。

いつしかに 日は西に傾き、月さし昇る。心ゆくまで遊び楽しみ、暮れがたになるも疲れを覚えぬ。しかし、狩を戒めた老子の遺訓に気づき、車駕を草蘆(いおり)に帰すことにする。すぐれた五絃(こと)の調べを奏で、周公・孔子の書を口吟み、筆走らせては詩文を綴り、時には三皇の功業を書きしるす。執らわれぬ境に心を解き放つならば、此の世の栄誉(ほまれ)も恥辱(はじ)も問うところではない。』

張衡の詩は「世は過ごし難い 田舎へ帰りたい  昔はよかった」という内容。宦官の専横を許して国家の衰退を招いた暗君"安帝"(後漢)に召される。

https://variety-tv.tokyo/2019/04/01/

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト