« 学生街のランチタイム | トップページ | TVアニメ『おでんくん』NHK教育 »

2019年12月26日 (木)

『生きてく工夫』南伸坊(春陽堂書店)

NHK出版「きょうの健康」4年間の連載をまとめた(20193月号連載終了)、健康テーマに日々の暮らしをユーモアたっぷりに描く。ほっこりイラストも満載。

06d5e3f28d7c46718305290ba049d1c7

「ボクは躁鬱の《躁》ばっかりの人なんだよ」と、本人から青林堂の編集を手伝っている時に聞いたことがある。そんな珍しい《躁》体質なんだと、非常に感心した記憶が蘇る本書。

表紙イラストと「できれば、たのしく、のんびり、いきたい」のコピーが本書内容を表している。


 独特の手の混んでいない風に見える絵と文で、状況空間を適量に表せるセンスは伸坊さんの境地だと思う。4年間に渡って自身の身体や健康や老化について著された、「生きてく工夫」は面白いだらだら感である。


○ 大股で歩くと良い(ボケ認知症・血流)

○ ため息をポジティブにつく(胸がすく)

○ 日向ぼっこをする(メラトニン・骨密度UP


身体的な年齢は確かに老人なんだけれど、視覚的な感覚と思いかたが子供に限りなく近い。これは『老人力』の赤瀬川原平さんに通じる、ユーモラスでありながら鮮明な探究することの愉快さと「生きる工夫」に感謝。


冒頭に引用された『シナのある百科事典』によれば、次のように書かれているという。

「動物は次のごとく分けられる。〈a〉皇帝に属するもの、〈b〉香の匂いを放つもの、〈c〉飼いならされたもの、〈d〉乳呑み豚、〈e〉人形、〈f〉お話に出てくるもの、〈g〉放し飼いの犬、〈h〉この分類自体に含まれているもの、〈i〉気違いのように騒ぐもの、〈j〉かぞえきれぬもの、〈k〉ラクダの毛のごく細の毛筆で描かれたもの、〈l〉その他、〈m〉いましがた壷をこわしたもの、〈n〉とおくから蠅のように見えるもの。」

という作り話だろと思う内容は、ボルヘス『神話事典』による創作なのだが、「哲学者フーコーはその列挙によって味わわせる異常さは、出会いの空間そのものが、そこでは崩壊していることに由来している」と惚ける。このボルヘスによる偽書内容をまるまる絵本か、アニメにしたら凄い虚構世界だろうと感じた。


著者プロフィール

南伸坊  (ミナミシンボウ)  (著/文)

1947年東京生まれ。イラストレーター、装丁デザイナー、エッセイスト。

東京都立工芸高等学校デザイン科卒業。木村恒久、赤瀬川原平などに学ぶ。雑誌『ガロ』の編集長を経てフリーで活躍中。主な著書に『ぼくのコドモ時間』『笑う茶碗』(共にちくま文庫)、『装丁/南伸坊』(フレーベル館)、『本人伝説』(文春文庫)、『おじいさんになったね』(海竜社)、『くろちゃんとツマと私』(東京書籍)、『私のイラストレーション史』(亜紀書房)などがある。

« 学生街のランチタイム | トップページ | TVアニメ『おでんくん』NHK教育 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学生街のランチタイム | トップページ | TVアニメ『おでんくん』NHK教育 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト