« イッツアビューテフルデイ | トップページ | キャプテン・ビヨンド(Captain Beyond) »

2020年8月16日 (日)

ディープ・パープル Live In Japan

1972年8月に初来日して8月15日,16日と大阪厚生年金会館での公演,17日には日本武道館での公演を行ったディープパープル。この時の公演を収録したライブ・アルバム 『Live In Japan (ライブ・イン・ジャパン)』 は,同年12月に日本限定でリリースされた。


『ライヴ・イン・ジャパン』

1. ハイウェイ・スター Osaka16/08/1972 

2. チャイルド・イン・タイム Osaka16/08/1972 

3. スモーク・オン・ザ・ウォータOsaka15/08/1972 

4. ミュール (Drum Solo) Tokyo17/08/1972 

5. ストレンジ・ウーマン Osaka16/08/1972 

6. レイジー Tokyo 17/08/1972 

7. スペース・トラッキン Osaka16/08/1972 


9061ff9566d948c68c0ccb8117dbfb45

日本製作テストプレスを聴いて余りの出来の良さに驚嘆したディープ・パープル側が,新たにロジャー・グローヴァーによるミックスで,ジャケットも変更して『Made in Japan』 としてリリースした。


その後アルバム 『紫の肖像』レコーディングが難航を極めてメンバー間が不仲に,またツアー・スケジュールに対する不満や肉体的疲労がピークとなり修復が不能な段階となった。

ディープ・パープルは既に決定していたツアーは消化せざるを得ず,1973年6月23日の広島市公会堂を皮切りに,6月29日の大阪厚生年金会館まで 6公演を行う為,2度目の来日をした。


Live At Budokan, Tokyo, Japan 25th June 1973


 Disc 1

1. Intro.

2. Highway Star

3. Smoke On The Water

4. Strange Kind Of Woman

5. Child In Time

TOTAL TIME (45:21)


 Disc 2

1. Keyboard Solo

2. Lazy

3. Drum Solo

4. The Mule

5. Space Truckin'

6. Riot After The Concert

TOTAL TIME (43:57)


 Ian Gillan : Vocal

 Ritchie Blackmore : Guitar

 Roger Glover : Bass

 Jon Lord : Keyboards

 Ian Paice : Drums


この来日公演後にイアン・ギランとロジャー・グローヴァーが脱退する事が決まっていたのを,当時の観客は知る由もなかった。アンコールなしでコンサートは終了する。

« イッツアビューテフルデイ | トップページ | キャプテン・ビヨンド(Captain Beyond) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト