« 桜舞う季節に | トップページ | 『時代の異端者たち』青木理 »

2021年3月25日 (木)

『時代の抵抗者たち』青木理

『時代の抵抗者たち』青木理

いま最も戦闘的なジャーナリストが半藤一利、保坂正康、小林節、田中均、金子勝らとの対話をもとにこの国のありかたとゆくえを問う。

歪で乱暴な政権が民主主義を崩壊させるいま、「抵抗者」たらざるを得なくなった各界の重要人物との対話によって、時代の深淵を問い、未来をさぐる。

4b5c21b574bf42d499b758cd5580fb84

時代の抵抗者たち

目次

第1章 なかにし礼―芸能という自由・平等・猥褻

第2章 前川喜平―集団主義の教育から強権支配へ

第3章 古賀誠―平和を貫く保守政治を

第4章 中村文則―言うべきことを言う姿勢

第5章 田中均―いまは知性による抵抗のとき

第6章 梁石日―潜在化した差別が噴き出す危険性

第7章 岡留安則―スキャンダリズムから沖縄の怒りへ

第8章 平野啓一郎―国家権力が人を殺すということ

第9章 安田好弘―オウム事件、光市事件の弁護人として


青木理[アオキオサム] 

1966年生まれ。共同通信記者を経て、フリーのジャーナリスト、ノンフィクション作家。著書に『日本の公安警察』(講談社現代新書)、『国策捜査』(金曜日、増補版は角川文庫)、『絞首刑』(講談社、文庫化)、『日本会議の正体』(平凡社新書)など多数。

« 桜舞う季節に | トップページ | 『時代の異端者たち』青木理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト