« ネコヤナギ | トップページ | ピサロ「レ・ パティの風景」 »

2021年6月19日 (土)

たんぽぽの詩

 「たんぽぽ」高階杞一

 踏切の向こうで

 こどもがうれしそうに手を振っている

 パパー、早く

 って言うように

 そこから動いたらだめだよ

 そう言いながら

 ぼくは遮断機の上がるのを待っている

 警笛は鳴り続け

 いっこうに電車は来そうにない

 こどもはひとりでうろうろしはじめる

 待ち切れず

 渡ってしまおうと思った途端電車がやってくる

 目の前を黒い車輌がすごいスピードで過ぎていき

 過ぎ去ると

 もう

 こどもの姿は消えている


 警笛が止み

 遮断機が空に向かってゆっくりと上がる


 踏切を渡り

 誰もいない野原には

 春だけが

 ただ

 しーんと広がっていて


〔詩集「夜にいっぱいやってくる」より〕

30663acb79e6453eb273f68e22d23dff

高階杞一 タカシナ キイチ (Kiichi Takashina) 1951年大阪市生まれ。大阪府立大学農学部卒。大学在学中より詩作を始める。 既刊詩集『キリンの洗濯』『早く家へ帰りたい』『空への質問』『高階杞一詩集』『雲の映る道』『いつか別れの日のために』『千鶴さんの脚』『水の町』ハルキ文庫『高階杞一詩集』『夜とぼくとベンジャミン』など。

« ネコヤナギ | トップページ | ピサロ「レ・ パティの風景」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコヤナギ | トップページ | ピサロ「レ・ パティの風景」 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト