« 「悲→喜カメ」NHK放送 | トップページ | グミの弾力 »

2021年10月23日 (土)

特集ドラマ「ファーストラヴ」

BSP4K同時 20211025()よる9(119)


【原作】島本理生

【脚本】吉澤智子 

【音楽】遠藤浩二

【出演】真木よう子 上白石萌歌 平岡祐太/津嘉山正種/吉沢悠 黒木瞳

 

【内容】

直木賞受賞作『ファーストラヴ』をドラマ化!「なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか」。主演・真木よう子 殺意に迫る究極のヒューマンミステリー!「正直に言えば、私、うそつきなんです」。動機のない、女子大生の父親殺し。その言動は、うそか、真実か?心に傷を負った公認心理師によって、ひもとかれてゆく衝撃の真実。そこには、虚構で固められた過去、大切な人に侵食された魂の叫びがあった。

 

初回放送は2020222


143a215d770f4ee6bb4d6f9479eb007a


『ファーストラヴ』島本理生(文春文庫)

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。

環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか

臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。 


159回直木賞受賞作。

7f4c5fe514f74c2db425e03f99bced8c

島本理生  1983年東京都生まれ。98年「ヨル」で『鳩よ!』掌編小説コンクール年間MVPを獲得。03年『リトル・バイ・リトル』で野間文芸新人賞、15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞、18年『ファーストラヴ』で第159回直木賞受賞。

« 「悲→喜カメ」NHK放送 | トップページ | グミの弾力 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト