« 映画『次郎長三国志』年忘れシネマスペシャル | トップページ | 浅倉久志〈ユーモア・スケッチ傑作大全〉国書刊行会 »

2021年12月30日 (木)

俵万智の第6歌集「未来のサイズ」

著者による「あとがき」より

 短歌は、日々の心の揺れから生まれる。どんなに小さくても「あっ」と心が揺れたとき、立ちどまって味わいなおす。その時間は、とても豊かだ。歌を詠むとは、日常を丁寧に生きることなのだと感じる。


「ほめ言葉たくさん持っている人と素顔で並ぶ朝のベランダ」


「子らは今その挨拶の意味を知る命「いただきます」ということ」


「長椅子に寝て新聞を読みおれば父が私を「母さん」と呼ぶ」


「誰だって何かで死ぬと思えども死よりも病を恐れる心」


「プレミアムモルツ飲みたくなるような病名を聞く初夏の病院」


「昼食のカレーうどんをすすりつつ「晩メシ何?」と聞く高校生」


「いきいきと息子は短歌詠んでおりたとえおかんが俵万智でも」


「自らは食べずひたすら振る舞えり料理上手な君の人生」


「べらぼうにウマいと言われ丁寧にダシのとりがいある男なり」


「すれ違うことに不慣れな生き物となりてスマホという命綱」


俵万智「未来のサイズ」(2020.9)より


この歌集では「蛇笏賞」と「迢空賞」を受賞されてる。「コロナ禍を経るなかで、より確かなものになったと思う。この歌集を作る、届ける、読む、選ぶ……関わってくださった全ての人に、ありがとうございます。」


【俵万智】1962(昭和37)年大阪府生まれ。歌人。早稲田大学第一文学部卒業。学生時代に、佐佐木幸綱氏の影響を受け、短歌を始める。1986年に角川短歌賞、1988年に現代歌人協会賞を受賞。『サラダ記念日』『プーさんの鼻』『考える短歌』など、歌集・著書多数。

« 映画『次郎長三国志』年忘れシネマスペシャル | トップページ | 浅倉久志〈ユーモア・スケッチ傑作大全〉国書刊行会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト