« 山本周五郎・短編傑作全集Kindle | トップページ | ブラタモリ「南極~なぜ人はわざわざ南極を目指す?~」 »

2022年1月 5日 (水)

山本周五郎「寝ぼけ署長」ラジオ朗読(全40回)

2021年11月29日(月)~2022年1月21日(金)NHK放送

山本周五郎「寝ぼけ署長」
常に庶民の立場から江戸武士の苦衷や市井人の人生の哀感を描き、時代物、歴史物で知られた山本周五郎。
晩年にも高い評価を得た多くの傑作を書いているが、今回はそんな山本周五郎の作品の中から、戦後すぐに書かれた現代物の代表作ともいえる「寝ぼけ署長」を40回にわたって朗読する。
「寝ぼけ署長」は、終戦直後の1946年(昭和21年)12月から翌々年にかけ全10話にわたって雑誌「新青年」に発表された周五郎唯一の警察小説である。今回はそのうち7話を朗読する。
とある地方に赴任した警察署長・五道三省(ごどうさんしょう)は、ずんぐりむっくりの独身男。居眠りばかりしているので「寝ぼけ署長」というあだ名がつく。だがひとたび起きた事件に向き合うと事件の背景、裏面心理を見抜き、署長自ら次々と事件を捜査解決してゆく。警察モノの展開構成になっているが、常に庶民や弱者に寄り添いながら真実を導き出そうという姿勢は、周五郎が生涯持ち続けた人間愛、人情味あふれる文学表現となっている。

【新作】山本周五郎「寝ぼけ署長」(全40回)
テキスト:「寝ぼけ署長」新潮文庫・初版1981年(昭和56年)の2019年新版
朗 読 :中原丈雄(俳優)

【らじる☆らじる】でいつでも何回でも ↓
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0971_01

『中央銀行三十万円紛失事件』全5回
紛失金について、署長は支店長に、『金が欲しいか、犯人が欲しいか』と問う。
『海南氏恐喝事件』全6回
娘恋しさに義父はその恋人を抹殺しようと計る。
『一粒の真珠』全5回
仲違いした父親と子供達、その息子と娘は金策のために使用人に罪を着せる過ちを犯す。
『新生座事件』全6回
財政窮地の劇団の地方公演、上演中事件が起きるとの情報が客を呼び、かえって大成功とはなるが…。
『夜毎十二時』全6回
資産家の老夫、その若妻と密かに愛し合う男、企む甥、老夫の死の原因は? 事件の真相は意外なところに。
『我が歌終る』全7回
子爵は自殺か、他殺か? 署長は、過去の栄華の影に隠された孤独な愛の姿を見抜く。
『最後の挨拶』全5回
時計職人は、13個のそれぞれ違う時刻表示の懐中時計を残して失踪するが…。

<山本周五郎>
1903年(明治36年)山梨県生まれ、本名清水三十六(さとむ)。「三十六」は、明治36年生まれに由来するといわれる。その後、東京を経て横浜に転居。横浜の西前尋常小学校の時、担任から「作家を志せ」といわれる。
卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店で住み込みの徒弟として働きながら、店の理解も得て勉学にも励んだ。
1926年(大正15年)4月「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され文壇出世作となった。
1943年(昭和18年)上期の直木賞に推されたが受賞を固辞。
1958年(昭和33年)大作「樅ノ木は残った」を完成。その後、同年「赤ひげ診療譚」、1960年(昭和35年)「青べか物語」など、次々と代表作を著した。
横浜に仕事場を設け、晩年まで創作に励んだが、1967年(昭和42年)心臓病で亡くなった。享年64(満63歳)

« 山本周五郎・短編傑作全集Kindle | トップページ | ブラタモリ「南極~なぜ人はわざわざ南極を目指す?~」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト