« ▽森高千里作品集 3月12日土曜 NHKFM 午後0時30分~ 午後2時00分 | トップページ | 映画『やがて海へと届く』 »

2022年3月12日 (土)

NHK「蒼ざめた馬」アガサ・クリスティー、魔女の呪いは本物か?原作とは異なる驚愕の展開

NHK総合にて2022年3月13日(日)午後11時に放送される「蒼ざめた馬」(全2話)は、アガサ・クリスティーの原作を斬新なアレンジで知られるサラ・フェルプス脚本のダークでスリリングなドラマ!

「蒼ざめた馬」は2015年からスタートしたBBCクリスティー生誕125年記念特集ドラマの第5弾で、これまで同シリーズの脚本を掛けてきたサラ・フェルプスによる人気シリーズの最新作

舞台は60年代のロンドン。ある日、街角で病死らしき女性の遺体が発見され、靴の中から謎の人名リストが見つかる。そこには、主人公で古美術商のマークの名前もあった。リストの人物が次々と亡くなっていくなか、身の危険を感じたマークは、その謎を調べにマッチ・ディーピングという村にたどりつく。村で占いをしている風変りな3人の女性は、人を呪い殺すことができる魔女だというウワサがあり…。 

原作『蒼ざめた馬The Pale Horse』には、“エルキュール・ポアロ”シリーズに何度も登場する推理小説家のオリバー夫人と、ミス・マープルの友人である田舎の牧師夫人デーン・キャルスロップが登場しており、2人の探偵が同じ世界に存在することを証明するクロスオーバー作品としても有名だ。しかし、残念ながら本作には、有名な探偵もその友人も登場しないし、登場人物名は同じでも、その役どころが全く違うものになっていたりと、まったく予想もできない、驚愕の展開が待ち受けている。 

事件から一歩引いて探偵役をつとめるはずの主人公マークが、“学者から“裕福なアンティークディーラー”に変身して、事件の渦中の人となり《魔女の呪い》に巻き込まれていく。“原作を知っているから…”と悠長に構えていると、危険な香りのするハンサムな主人公と、夢と現実がごちゃまぜの世界に惑わされる。

「蒼ざめた馬」とは、『ヨハネの黙示録』に登場する四騎士の最後の1人“死”を乗せた馬。疫病や野獣をもちいて、地上の人間を死に至らしめる役目を担っているとされる“死”が迫る中、果たしてマークは魔女がかけた“髪が抜けて死に至る呪い”を解くことができるのだろうか? 

■前編 

1961年のイギリス。古美術商のマーク・イースターブルックは料理上手で美しい、完璧な妻ハーミアと再婚しロンドンの邸宅で暮らしいてる。しかし、マークは1年前に浴室の事故で亡くなった前妻デルフィーヌのことが忘れられずにいた。今でもふいに、入浴中にラジオを聴いていて感電死したデルフィーヌの姿を思い出してしまうのだ。 

ある日、マークのもとに警察から連絡が入る。ロンドンの街角でジェシー・デイヴィスという女性の病死体が発見され、彼女の靴の中から、9人の名前が書かれたリストが見つかり、その中にマークの名前があったというのだ。ところが、マークにはまったく覚えがなかった。

マークにはトマシーナ・タッカートンという愛人がいる。彼女は裕福な家の娘だが、金遣いの荒い継母・イヴォンヌがいるため夜の町で働いている。マークがトマシーナと一夜を過ごした翌朝、自分の隣で彼女が死んでいることに気づく。恐れおののいたマークは、そのままトマシーナを置き去りにして逃げ帰る。 

ハーミアに様子がおかしいと気づかれたマークは「猫を轢いた」と嘘をつく。マークが嘘をついていることにハーミヤは気が付くが、彼を追及しない。一見すると完璧なハーミヤだが、実は精神を患って薬を服用している。マークの浮気には気づいているが、証拠を掴もうとしていた。 

ジェシー・デイヴィス事件を担当することになったルジューン警部は、ジェシーのリストに載っていたマークとザカライア・オズボーンを呼び出す。オズボーンは、ジェシーの雇い主で金物店の店主だ。2人に面識はなく、リストの意味も皆目解からなかったが、マークはリストの中に、“アーディングリー”と、“タッカートン”という良く知った苗字を発見する。 

リストに名前のあった人物が一人また一人と死んでいき、マークは自分の身にも危険が迫っていると感じ、独自に調査を始める。ジェシーの家を調べると、彼女がマッチ・ディーピング村を訪れていたことがわかる。亡くなった妻・デルフィーヌもその村を訪れていた事も知り、今回の事件とのつながりを感じる。 

マークがマッチ・ディーピング村を訪ねると、〈蒼ざめた馬〉という看板の館を見つける。そこには風変りな3人の女性がおり、占いを生業にする彼女たちは魔女とよばれていた。同じく身の危険を感じて怯えるオズボーンは〈蒼ざめた馬〉の3人の魔女が、“髪が抜けて死に至る呪い”をかけているのではないかとマークに話す。リストに残るのはマークとオズボーン、アーディングリーの3人のみ。 

そんな中、マークの友人で遊び人のデイヴィッド・アーディングリーの叔母・クレメンシー・アーディングリーが心臓発作で亡くなる。愛人のトマシーナに続き、懇意にしていたクレメンシーも亡くなった。そして、ジェシーとリストに記されていた人たちが亡くなる前そうであったように、マークの髪の毛も抜け始める…。 

いよいよリストの順番が近づいたと追い詰められたマークは、真相を確かめるため、再びマッチ・ディーピング村を訪れる。そこで、デルフィーヌと面識のあったオスカー・ヴェナブルズに出会い、1年前、デルフィーヌが〈蒼ざめた馬〉で占いにしてもらい、その結果に動揺していたと告げられる。 

■キャスト 

マーク・イースターブルック(ルーファス・シーウェル :根本泰彦) 

ハーミア・イースターブルック(カヤ・スコデラーリオ:庄司宇芽香) 

デルフィーヌ・イースターブルック(ジョージナ・キャンベル :うえだ星子) 

スタンリー・ルジューン警部(ショーン・パートウィー:中博史) 

ザカライア・オズボーン(バーティ・カーヴェル :多田野曜平) 

サーザ(シーラ・アティム:きそひろこ) 

シビル(キャシー・キエラ・クラーク:小宮和枝) 

ベラ(リタ・トゥシンハム :野村須磨子 ) 

デイビッド・アーディングリー(ヘンリー・ロイド・ヒューズ:五十嵐明) 

イボンヌ・タッカートン(クレア・スキナー :日野由利加) 

オスカー・ベナブルズ(ジェームズ・フリート:関輝雄) 

ポピー(エレン・ロバートソン:志田有彩 ) 

ほか 

原題:The Pale Horse 

制作:2020年 イギリス 

【放送予定】総合 2022年3月13日(日)、20日(日)午後11時00分 全2話 

[ステレオ2か国語(主:日本語吹き替え/副:英語)| 字幕放送有り] 

« ▽森高千里作品集 3月12日土曜 NHKFM 午後0時30分~ 午後2時00分 | トップページ | 映画『やがて海へと届く』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト