« ロシア10ルーブル硬貨の製造を中止 | トップページ | トルストイの解脱 »

2022年7月28日 (木)

〈トルストイの言葉〉

逆境が人格を作るのである。

-トルストイ-


すべての幸福な家庭は互いに似ている。不幸な家庭はそれぞれの原因で不幸である。

-トルストイ-


多くの女性を愛した人間より、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、はるかに深く女というものを知っているものである。

-トルストイ-


武力は、戦うことなく相手を屈服させることは出来ようが、相手を従順にさせることは出来ないのである。

-トルストイ-


過去も未来も存在しないのである。たしかに存在しているのは現在というこの瞬間だけだである。

-トルストイ-


人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自分自身が、その一年の始めにおける自分自身よりも、遥かに良くなったと感じることである。

-トルストイ-


学問のある人とは、本を読んで多くのことを知っている人である。教養のある人とは、その時代に最も広がっている知識やマナーをしっかりと心得ている人である。そして有徳の人とは、自分の人生の意義を理解している人である。

-トルストイ-


他人の犯した罪は目の前にあるが、自分の犯した罪は背後にあるのである。

-トルストイ-


真実だけでできていたなら、歴史はすばらしいものであったと思う。

-トルストイ-


自ら精神的に成長し、人々の成長にも協力すること。それが人生を生きるということである。

-トルストイ-


人生には唯一つだけ疑いのない幸福がある。それは、人のために生きるということである。

-トルストイ-


強い人々は、気取ることはないのである。

-トルストイ-


人を思いやることはあらゆる矛盾を解決し、人生を美しくし、ややこしいものを明瞭に、困難なことを容易にしてしまうのである。

-トルストイ-


あらゆる戦士の中で最も強いものは、時間と忍耐力である。

-トルストイ-


もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかっただろうし、自分というものを知らなかったであろう。

-トルストイ-


謙虚な人は誰からも好かれるのである。それなのにどうして人は、謙虚な人になろうとしないのだろうか。

-トルストイ-


慈善は、それが犠牲である場合のみ慈善である。

-トルストイ-



レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

Lev Nikolayevich Tolstoy, 182899- 19101120

ロシア,ソ連の作家。貴族の出身。象徴主義詩人として出発,《びっこの公爵》(1912年)などの小説で文名をあげた。革命後亡命,ベルリンで自伝的な《ニキータの幼年時代》(1922年),SF的な《アエリータ》(1923年)を書き,1923年に帰国後は歴史小説《ピョートル1世》(1929年―1945年)と,革命期の知識人の運命を描いた三部作長編《苦悩の中を行く》(1920年―1941年)でソビエト作家の地位を確立した。ほかに推理小説ふうの《ガーリン技師の双曲線》(1926年)など。

« ロシア10ルーブル硬貨の製造を中止 | トップページ | トルストイの解脱 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト