« 『日のあたる白い壁』江國香織〈集英社文庫) | トップページ | 『日本にある世界の名画入門―美術館がもっと楽しくなる』赤瀬川 原平(知恵の森文庫) »

2022年9月12日 (月)

『名画感応術―神の贈り物を歓ぶ』横尾忠則(光文社文庫)

芸術の本源はこの現象界にあるのではなく、もともとは天上界に存在するものである。それが芸術家の直感によって地上に降ろされて初めて芸術作品と呼ばれるのだ。その意味でも芸術家は神の媒介者である。神の意志を伝達する道具でなければならない。

芸術を前にして鑑賞者が快楽的あるいは官能的になることは、感情が魂と共振した証でもある。芸術を知的に認識することだけが芸術ではない。まず芸術は感応するものだとぼくは思う。また感応は官能に通じる。


神は特別の人にしか理解できないような難解な観念など送信してくるはずがない。

(本書より)


42b9a3900c0044cda6ad82e86d02d32c


【目次】

ゴッホの模写
ヴァトーの魔術的表現力
レンブラントの天才的描写
マネの下絵が語ること
ムンクの黒い影
モネの歓喜の光
肖像画家ダヴィッドの霊感
モディリアーニの曲線美
スーチンの夢と直観

胸騒ぎのアンリ・ルソー〔ほか〕

« 『日のあたる白い壁』江國香織〈集英社文庫) | トップページ | 『日本にある世界の名画入門―美術館がもっと楽しくなる』赤瀬川 原平(知恵の森文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト