« NHK“夜ドラ”「あなたのブツが、ここに」 | トップページ | 青いワニのタロット限定再販のお知らせ »

2022年9月 4日 (日)

「地中海人ピカソー神話的世界に遊ぶ」展

開催中~2022925()まで

ヨックモックミュージアムhttps://yokumokumuseum.com/1000/

生涯を通じて「地中海人」であり続けたピカソ。ピカソが作陶のモチーフとしたのは、地中海世界に古代から伝わる神話世界の住人たちや身近な自然界の動物たち、愛する闘牛などでした。 


D30e359ae9884eb09a703884a13b662a

1章 神話世界と動物たち
温暖な気候と豊かな海の幸に恵まれ、地中海沿岸には古代より文明が栄え豊穣な神話的世界が育まれていました。
ピカソが好んで描いた神話世界の住人たちを取り上げ、地中海文化の精神性がピカソに与えた影響を探ります。


2章 プロヴァンスの幸と鳥たち
ピカソが陶器制作をおこなっていたプロヴァンス地方は、豊かな自然環境の中、豊富な農作物や海産物に恵まれた地域でした。
日常の食卓を賑わせた食物、そして身近にいた鳩や梟を作品に残しました。
ピカソがモチーフとして取り上げた魚や鳥たちの作品を通して、ピカソが日常にむけた眼差しをたどります。


3章 闘牛:古代地中海世界からの儀式
スペイン人であるピカソの闘牛好きは有名でした。闘牛のシーンを、絵画作品だけではなく陶器作品にも数多く取り上げました。


4章 人間愛とヌード賛美
ピカソは人間を愛し人間を描いた画家でした。彼が陶器制作をおこなっていた時期、二人の女性がピカソのパートナーとなりモデルとなりました。この二人の女性、フランソワーズ・ジローとジャクリーヌ・ロックがどのようにピカソの作品に反映されたかを通し、人間の心理までも洞察するピカソの眼を見出します。


107−0062 東京都港区南青山6丁目15−1 ヨックモックミュージアム

03-3486-8000


「地中海人ピカソー神話的世界に遊ぶ」展の感想と完全ガイド 

https://omochi-art.com/wp/yokumokumuseum2021/

« NHK“夜ドラ”「あなたのブツが、ここに」 | トップページ | 青いワニのタロット限定再販のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK“夜ドラ”「あなたのブツが、ここに」 | トップページ | 青いワニのタロット限定再販のお知らせ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト