« 『名画感応術―神の贈り物を歓ぶ』横尾忠則(光文社文庫) | トップページ | 「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」シーズン2、今月放送 »

2022年9月12日 (月)

『日本にある世界の名画入門―美術館がもっと楽しくなる』赤瀬川 原平(知恵の森文庫)

ドガ、モディリアーニからピカソ、ミロ、クレー、マグリットまで、いちばん面白い時代のこんな名画が日本にあった。「元祖ヘタウマ」のルソー、寂しい、でもなぜか懐かしいキリコ、シャガールは家庭で揚げる天麩羅だ―ユニークな視点で「近代絵画」の見方を伝授する。巻末に美術館ガイドを収録。 

Cd89ffd1da374163810144c559188c98

光文社(2006/10発売)

【目次】

モディリアーニ「おさげ髪の少女」―絵画が自我に目覚めはじめた(名古屋市美術館)

ピサロ「ポン・ヌフ」―パリの心地よさを美味しく味わう(ひろしま美術館)

ルソー「要塞の眺め」―素人に描けて、玄人に描けない絵(ひろしま美術館)

ドガ「浴後」―写真と浮世絵で掴んだ現代とは(ブリヂストン美術館)

ピカソ「腕を組んですわるサルタンバンク」―身銭を切って買いたいかどうか(ブリヂストン美術館)

シャガール「ヴィテブスクの眺め」―家庭で揚げる天麩羅との付き合い(ひろしま美術館)

スーティン「セレの風景」―汚ないけど美味い餃子屋の魅力(名古屋市美術館)

マルケ「レ・サーブル・ドロンヌ(オロンヌの浜)」―野獣派マルケに何が起こったのか(国立西洋美術館)

キリコ「ヘクトールとアンドロマケーの別れ」―不安をかき立てる「影」のパワー(大原美術館)

マグリット「王様の美術館」―現代にフィットするCM感覚の妙(横浜美術館)

ボナール「ヴェルノン付近の風景」―印象派を乗り越えた色遊びの快楽(ブリヂストン美術館)

ミロ「パイプを吸う男」―絵は「立派」じゃないといけないか(富山県立近代美術館)

ダリ「ガラの測地学的肖像」―正常の極にあるスリリングな異常

クレー「セイレーンの卵」―絵のどこに虫の動きを感じるか(セゾン現代美術館)

レジェ「佇む女」―世の風潮が消えた後に残る絵とは(池田20世紀美術館)

【解説】南伸坊

744459baa5e84541855971345c9e170d

「この本に出てくるのは、ちょうど絵のリニューアルと自我の膨張がぐいぐいとはじまったばかりの時代の、いちばん美味しい、いちばん面白い、いわば活劇の場面の美術史である」


赤瀬川原平[アカセガワゲンペイ]

1937年、横浜市生まれ。武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)中退。60年代「ネオ・ダダイズム」の前衛芸術家として活躍。その後、尾辻克彦のペンネームで小説を執筆。81年『父が消えた』で芥川賞受賞。

« 『名画感応術―神の贈り物を歓ぶ』横尾忠則(光文社文庫) | トップページ | 「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」シーズン2、今月放送 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト