« スバンテ・ペーボ博士「古代ゲノム学」領域開発 | トップページ | ノーベル化学賞の受賞者 »

2022年10月 5日 (水)

ノーベル物理学賞には量子力学フランスの研究者ら3人

今年のノーベル物理学賞には量子力学の研究で成果をあげた、フランスの研究者ら3人が選ばれた。

パリ・サクレー大のアラン・アスペ氏(75)と米JF・クラウザー&アソシエイツのジョン・クラウザー氏(79)、オーストリア・ウィーン大のアントン・ツァイリンガー氏(77)の3人。

「量子もつれの実験でベルの不等式の破れを立証して、量子情報科学を切り開いた」という業績で、物理学者アインシュタインすら疑った量子力学の正しさを証明した。

今年の授賞式は、12月にストックホルムで開かれる、新型コロナの影響で渡航できなかった2020年、2021年の受賞者も現地に招待される予定。

5日は化学賞が発表される。

« スバンテ・ペーボ博士「古代ゲノム学」領域開発 | トップページ | ノーベル化学賞の受賞者 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト