« 文化勲章功労賞に松本白鸚、松任谷由実、辻原登ら | トップページ | 「アンゴウ」坂口安吾 »

2022年10月26日 (水)

坂口安吾の探偵小説

作者と読者との知恵くらべを通して謎解きゲームを楽しむことを推理小説の本領とみなした坂口安吾。

短編ミステリー小説には「投手殺人事件」「屋根裏の犯人」「南京虫殺人事件」「選挙殺人事件」「山の神殺人」「正午の殺人」「影のない犯人」「心霊殺人事件」「能面の秘密」などがある。


〈犯人は誰で、如何なる理由によって、如何にして殺人を犯し、如何にアリバイをつくっておいたか、小説の最後に於て解き明かされる事柄が、構想の最初に於て、明確に、予定せられておらなければならず、執筆の途中で、作中人物が構想をハミだして勝手なことを始めたのでは、おさまりがつかない。

 つまり、実際に犯罪がすでに行われ、そこにヌキサシならぬ犯人がなければならぬタテマエなものを、執筆の途中から、犯人がスリ代っては、話にならない。予定をハミだすことのできない性質のものだ。

 だから、推理小説の原則は、文学よりも、パズルで、パズルとしてメンミツに計量され、構想された上で、それをヒックリ返して、書きすすめて行くものである。〉

(坂口安吾『探偵小説とは』より)


推理小説を楽しみにして読んでいた安吾は、かねがね構想していた『不連続殺人事件』について、以下のように告げている。


〈私自身もそのうち一つだけ探偵小説を書くつもりで、その節は大いに愛好者諸氏とゲームを戦わすつもりである。戦争中考えていたので、八人も人が死ぬので、長くなるので却々時間がなくて書きだす機会がない。そして私はあいにくこの一つだけしかゲームの種を持ち合していない。その節は私の方から読者に賞品を賭けましょう。〉

(坂口安吾『私の探偵小説』より)



【青空文庫で読める安吾ミステリー】


坂口安吾 屋根裏の犯人 ――『鼠の文づかい』より――

https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45936_39308.html


坂口安吾 心霊殺人事件

https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43247_38173.html


坂口安吾 正午の殺人

https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42951_35647.html


坂口安吾 南京虫殺人事件

https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45938_39306.html


坂口安吾 能面の秘密

https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45743_24340.html


『復員殺人事件』

https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43163_59485.html

« 文化勲章功労賞に松本白鸚、松任谷由実、辻原登ら | トップページ | 「アンゴウ」坂口安吾 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト