« 光あるところに影がある | トップページ | 名演奏ライブラリー 日本を代表するピアニスト 安川加壽子 »

2022年10月30日 (日)

写真展『初めての牛腸 茂雄』渋谷パルコ

「友よ 写真よ 写真家 牛腸茂雄との日々」

【Eテレ・日曜美術館】1030日(日)午前9:009:45放送

「彼は自分の人生の残り時間を常に意識して、先を急ぐように生きていた」――。

肉体的なハンディを抱えながら創作を続け、36歳でこの世を去った牛腸。死後40年がたち、再評価の機運が高まる中、学生時代からの友人だった写真家・三浦和人は、この夏、牛腸のネガのプリントに挑みました。浮かび上がる牛腸の「まなざし」とは。


【公式サイト】再放送あり

https://www.nhk.jp/p/nichibi/ts/3PGYQN55NP/


ドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS 

写真家 牛腸茂雄のまなざし」

監督 佐藤 真 (2000年)

牛腸 茂雄 1946年新潟県加茂市出身の写真家。幼少時より胸椎カリエスを患い、36歳の若さで世を去るまで写真家として活躍。

写真集「SELF AND OTHERS」では日本写真協会新人賞受賞。

https://youtu.be/Cn540HNEUp8


牛腸 茂雄 1946年新潟生まれ、3歳で胸椎カリエスを患い体にハンディキャップを負う。1965年に桑沢デザイン研究所に入学して、デザインと写真を学ぶ。1977年に「SELF AND OTHERS」を自費出版して、翌1978年には日本写真協会賞新人賞受賞した。198336歳で亡くなった。



『初めての牛腸 茂雄』渋谷パルコで107日に始まるアート企画「SHIBUYA PARCO ART WEEK2022」の一環。会期中は「GALLERY X1113日まで開催。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000245.000043019.html


« 光あるところに影がある | トップページ | 名演奏ライブラリー 日本を代表するピアニスト 安川加壽子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト