« 『相棒』14年ぶりに亀山薫(寺脇康文)が | トップページ | 映画『耳をすませば』実写化 »

2022年10月13日 (木)

「ジブリパーク」愛知県長久手市に来月開園

スタジオジブリの作品の世界を表現した「ジブリパーク」が、愛知県長久手市に11月開園される。

「愛・地球博記念公園」に整備されている「ジブリパーク」は、「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3つのエリアが開園する予定で、報道陣に内部が公開された。

https://youtu.be/UTLbGOIvNmg


パーク内で大きな建物が「ジブリの大倉庫」、その中央階段は愛知特産の瀬戸焼の青色のタイルで装飾されて、「まっくろくろすけ」などジブリ映画に登場するキャラクターがいる。

「千と千尋の神隠し」の主人公が「カオナシ」と電車で移動する場面や、「天空の城ラピュタ」で、空から落ちてくる少女シータを少年パズーが受け止める場面に入り込み、登場人物の気分になり、写真撮影もできる。

「となりのトトロ」に登場する「ネコバス」に乗る、子ども向けの遊び場も作られていた。


ジブリパーク監督の宮崎吾朗氏は「たくさんの人に楽しんでもらえたら」という。

2c742924d19c430bbc523ef3291bb0f8

【関連記事】

ジブリパークの魅力、記者が1万5000歩かけて探ってみた:中日新聞Web

https://www.chunichi.co.jp/article/562183


ジブリパーク全容公開。地球屋やどんどこ堂 - Impress Watch

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1447000.html


カオナシ、シータ、ポルコの名場面ジブリパーク公開:朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASQBD5HHFQBDUQIP018.html


ジブリパークは、日時指定の完全予約制で、来月分のチケットはすでに完売している。

« 『相棒』14年ぶりに亀山薫(寺脇康文)が | トップページ | 映画『耳をすませば』実写化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト