« 「ニャッキ!」のピンクちゃん | トップページ | ドラマ『パパと呼ばないで』TOKYO MX再放送 »

2022年11月23日 (水)

中野弘隆さんが死去 画家、絵本作家

「ぞうくんのさんぽ」シリーズで知られる画家で絵本作家の中野弘隆(なかの・ひろたか)さんが22日未明、老衰のため東京都の自宅で死去した。79歳。青森県出身。喪主は長男正太郎(しょうたろう)さん。


 桑沢デザイン研究所を卒業後、デザイン会社などを経て、絵本の創作に取り組む。「ぞうくんのさんぽ」シリーズは、累計部数200万部を超えた。他の代表作に「なきむしおばけ」「およぐ」など。

(共同通信)20221122 


A0b8c57b479e4225a575859aa4a4fc95

ぞうくん、かばくん、わにくん、かめくんが、ごきげんにさんぽをする『ぞうくんのさんぽ』は1968年、月刊絵本「こどものとも」から刊行されました。 シンプルながら最後に、「あ~っ!」と驚く展開を迎えるお話が子どもたちをひきつけ、親子3代で読み継がれているシリーズです。

« 「ニャッキ!」のピンクちゃん | トップページ | ドラマ『パパと呼ばないで』TOKYO MX再放送 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト