« 「防災100年えほんプロジェクト」1.17祈りの朝に | トップページ | NHK Eテレ『スイッチインタビュー「細野晴臣×小林信彦」EP1』は1月23日(月)放送。 »

2023年1月18日 (水)

映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』ポルト国際映画祭に

映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』が、ホワイト・レイヴン・アワードを受賞した「ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」に続き、「第43回ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)」のOfficial Competitive Section FANTASY FILMS部門、米ロサンゼルスで開催される「Film Maudit 2.0」のOfficial Selection of the Feature Film Competition部門にも正式出品決定。


東洋の魔窟と称される歌舞伎町を舞台に、ブラックユーモアあふれる、過激で少しだけアダルトな本作。

内田英治監督と片山慎三監督が6つのストーリーを2人で分業、1本の映画として創り上げたコラボレーションスタイルの意欲作。次々と巻き起こる予測不能な出来事、それぞれのストーリーが複雑に絡み合い、やがて1本の線としてつながり、はちゃめちゃな人間模様が描かれる異色の探偵エンタメ。


新宿ゴールデン街、三番街にある小さなバー「カールモール」のカウンターに立つ女マリコ(伊藤)。日々バーテンとして常連の相手をしているが、実はもう一つの顔を持っていた。それは探偵稼業だ。ある日とある組織から「歌舞伎町に紛れ込んだ宇宙人を探してくれ」という依頼を受け、恋人の自称忍者MASAYA(竹野内)の協力のもと、宇宙人に迫ってゆくのだが


【出演】伊藤沙莉 北村有起哉 宇野祥平 久保史緒里(乃木坂46) 松浦祐也
高野洸 中原果南 島田桃依 伊島空 黒石高大 真宮葉月 阿部顕嵐 鈴木聖奈 石田佳央 竹野内豊

監督:内田英治 片山慎三

脚本:山田能龍 内田英治 片山慎三
音楽:小林洋平
主題歌:Da-iCE「ハイボール ブギ」

プロデューサー:菅谷英智 藤井宏二 尾関玄 キャスティング:伊藤尚哉 撮影:岸建太朗 照明:尾崎智治 録音:平直樹 助監督:井手博基 美術:松塚隆史 衣装:百井豊 ヘア&メイク:板垣実和 編集:小美野昌史 サウンドデザイン:岩丸恒 制作担当:今井尚道

製作:「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」製作委員会
(東映ビデオ S-SIZE Alba Libertas 吉野石膏) 

制作プロダクション:Libertas 
配給:東映ビデオ

公式サイト

https://detective-mariko-movie.jp/


©2023
「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」製作委員会

公式Twitter@detectiveMariko

« 「防災100年えほんプロジェクト」1.17祈りの朝に | トップページ | NHK Eテレ『スイッチインタビュー「細野晴臣×小林信彦」EP1』は1月23日(月)放送。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト