« 『芥川龍之介賞』佐藤厚志『荒地の家族』と井戸川射子『この世の喜びよ』に | トップページ | シルエット美術たち »

2023年1月20日 (金)

直木賞に千早茜「しろがねの葉」

第168回の直木賞が発表されて、江別市出身の作家、千早茜さんの「しろがねの葉」が選ばれた。

直木賞に決まった「しろがねの葉」は、戦国末期に天涯孤独となった少女が、シルバーラッシュに沸く石見銀山で天才山師に拾われ、時代を生き抜いていく物語。

作者の千早茜さんは江別市出身の43歳で、立命館大学を卒業後、2008年に小説すばる新人賞を受賞して作家としてデビューした。直木賞は、3回目のノミネートでの受賞となった。

« 『芥川龍之介賞』佐藤厚志『荒地の家族』と井戸川射子『この世の喜びよ』に | トップページ | シルエット美術たち »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト