« 破れたパンツ | トップページ | 『岸辺露伴ルーヴルへ行く』キャスト追報 »

2023年1月30日 (月)

漫画家・浦沢直樹「漫勉neo」23年2月新作放送決定! 手塚治虫や寺田克也らに迫るドキュメンタリー

YAWARA!』や『20世紀少年』で知られる日本を代表するマンガ家の浦沢直樹が、マンガ家たちの創作の秘密に迫るドキュメンタリー『浦沢直樹の漫勉 neo』より、20232月に放送される新作4本のラインナップが発表された。手塚治虫、水瀬藍、寺田克也、島本和彦が登場する。


『浦沢直樹の漫勉 neo』は、普段は担当編集者ですら立ち入ることができないマンガ家たちの仕事場にカメラが密着して「マンガ誕生」の瞬間をドキュメント、その貴重な映像をもとに浦沢直樹が同じマンガ家の視点から対談で切り込んでいくシリーズ。

2014年からの『漫勉』には18人、2020年からの『漫勉neo』には14人のマンガ家が登場しており、2022年には文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門の大賞にも輝いた。

2月に放送される新作4本では、24日の放送回でマンガの神様手塚治虫が取り上げられる。手塚といえば、1989年に60歳で亡くなるまでにおよそ700の作品を世に送り出し、浦沢にも多大な影響を与えた。番組では当時の貴重な資料や生原稿、元アシスタントの証言などでそのペン先に迫っていく。手塚についてはBSプレミアムにて、217日に59分の特別版もオンエアされる。

https://www.nhk.jp/p/manben/ts/7W327R2Y4N/


NHK Eテレ「浦沢直樹の漫勉 neo放送予定

24日(土)午前1時~149分「手塚治虫」

211日(土)午前1時~149分「水瀬藍」『青春ヘビーローテーション』

218日(土)午前1時~149分「寺田克也」『西遊奇伝 大猿王』

225日(土)午前1時~149分「島本和彦」『アオイホノオ』

以上、いずれも金曜深夜

BSプレミアム 217日(金)23時~2359 「手塚治虫・特別版」


<再放送> Eテレ

22日(木)午前1001:49 「渡辺航」

23日(金)午前0001:19 「青池保子」

   午前1192:08 「新井英樹」

« 破れたパンツ | トップページ | 『岸辺露伴ルーヴルへ行く』キャスト追報 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト