« ETV特集 消えゆく“ニッポン”の記録~民俗学者・神崎宣武~ | トップページ | 人形作家の辻村ジュサブローさん、逝く »

2023年2月13日 (月)

「まぼろしの人」茶木みやこ

「まぼろしの人」

作詞:寺山寿和

作曲:茶木みやこ


陽炎ゆれる 名も無い駅に

遠い汽笛のゆらめきが

かすかな余韻を残す頃

見上げた空には静けさが満ちていた


なのに この同じ空の下

暗い思い出の残り火を

吹き消すようにみじろいだ

あの人は幻だったのでしょうか 


https://youtu.be/iMiY1znX3JY

有名なドラマの主題歌になった歌です。

このテンポでのオープニングは最高でした。

« ETV特集 消えゆく“ニッポン”の記録~民俗学者・神崎宣武~ | トップページ | 人形作家の辻村ジュサブローさん、逝く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト