« 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』予告編公開 | トップページ | ■『藤子・F・不二雄のSFワールド探検』BSプレミアム »

2023年3月29日 (水)

伊勢の大麻栽培で活性化

 三重県明和町で4月から、幻覚作用があるテトラヒドロカンナビノール(THC)がほとんど含まれない大麻の栽培が始まる。平安時代に伊勢神宮に仕えた皇女「斎王」が暮らした国史跡「斎宮跡」にある遊休地を利用する。町は三重大(津市)と皇学館大(伊勢市)、大麻栽培許可を持つ法人などと連携する「伊勢麻振興プロジェクト」を立ち上げ、神事での活用や麻布などの製品活用を目指す。【毎日新聞】より


 大麻は4月中旬に種をまくと夏には収穫できる。プロジェクトでは精製して繊維とするほか、生産技術の継承や産業利用の可能性について実証研究を進め、麻産業の振興に取り組む。

 神社で大麻は、繊維を「お払い」の道具に使うなど、神事に欠くことができない。だが、大麻取締法の規定で栽培や所持する際には、都道府県知事の許可が必要で生産者は全国的に減少傾向にある。免許取得に関して県は「大麻取扱者指導要領」で、許可を受けた事業者は決められた場所で栽培し、使用は神事に限ると定めていた。

 一方、国は大麻取締法の改正を検討中で、改正に先立つ検討委員会で、大麻の栽培管理を緩和する方向性を示した。県はこの通知を受け要領の見直しを行い20227月以降、THCの含有量が低いことが確認できれば、栽培目的を伝統神事に限らず、産業利用にも拡大した。明和町はこのため、栽培を目指すことになった。

 プロジェクトによると、明和町は歴史的に神宮で使用する麻の栽培地。同町斎宮の竹神社には、麻の神様がまつられている。このような縁から、町は大麻栽培に公有地を3カ所、計60アールを用意。415日には、栽培免許を持つ農業法人が約10アールの公有地に種をまく予定だ。

 世古口哲哉町長は「大麻栽培が町の新たな産業になれば、地域の活性化につながるプロジェクトだ」と期待を込める。町は大麻栽培が軌道に乗れば、二酸化炭素(CO2)排出量削減への貢献もできると見込む。

【毎日新聞】

« 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』予告編公開 | トップページ | ■『藤子・F・不二雄のSFワールド探検』BSプレミアム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』予告編公開 | トップページ | ■『藤子・F・不二雄のSFワールド探検』BSプレミアム »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト