« 漫画家の秋竜山さん死去 | トップページ | かっこいいスキヤキ【孤独のグルメの原点をドラマ化!】テレビ東京3/18土16:00〜17:15 »

2023年3月17日 (金)

3月17日は漫画週刊誌の日

日本初の少年週刊誌『少年マガジン』『少年サンデー』が1959年3月17日発刊された。

もともと学年誌を中心とする教育出版社だった小学館には、「少年サンデー」創刊までマンガ編集のノウハウがなかった。

「少年マガジン」は「編集部主導」「原作と作画の分業」という方法論を打ち出して、最初に編集部でテーマを決めて、原作者やマンガ家を探して描いてもらう。

講談社は以前から「少年クラブ」「少女クラブ」「なかよし」など、マンガ月刊誌を出していた。編集部主導式は、「人気作家に頼らなくても優れた作品を生み出せる」


『週刊少年マガジン』連載

 ・『8マン』(1963年)原作:平井和正、作画:桑田次郎

・『悪魔くん』(1966年)水木しげる
・『巨人の星』(1966年)原作:梶原一騎、作画:川崎のぼる
・『サイボーグ009』(1966年)石森章太郎
・『天才バカボン』(1967年)赤塚不二夫
・『あしたのジョー』(1968年)原作:高森朝雄、作画:ちばてつや


「マガジン」は創刊号から吉川英治の原作を使っている。梶原一騎の原作『巨人の星』や『あしたのジョー』が出る前から、『マッハ三四郎』『快傑ハリマオ』『ちかいの魔球』『黒い秘密兵器』『チャンピオン太』『8マン』など原作つきが並んでいた。


「手塚治虫や横山光輝のように、すでに実績のある一流の大物に頼む。後から創刊された青年誌の『ビッグコミック』もそうでしょう。後発だったため、無名の新人を起用せざるを得なかった『少年ジャンプ』とは対照的なんですよ。初めから一流の大物に頼むわけだから、作家性を尊重し、より自由に描かせるようになったわけです」


『週刊少年サンデー』連載

 ・『伊賀の影丸』(1961年)横山光輝
・『おそ松くん』(1962年)赤塚不二夫
・『パーマン』(1967年)藤子・F・不二雄
・『どろろ』(1967年)手塚治虫
・『漂流教室』(1972年)楳図かずお
・『プロゴルファー猿』(1974年)藤子不二雄A


手塚治虫とトキワ荘グループには、「マガジン」の原作つきを邪道と批判して、のびのびと自由に描かせてくれる「サンデー」を支持する作家が多かった。

創刊号から「サンデー」に描いていた藤子不二雄は「マガジンはやりにくかった」という。

「サンデーは放任主義で大らか。マガジンはテーマをかっちり固めてきて、『こういう作品を描いてくれ』と言ってくる。編集者の性格も、小学館や集英社は豪快で、講談社は固い。取材で地方に出張に行くでしょう。夕食のときも、マガジンの人は『じゃあ、お酒を2本ほど飲みましょうか』と、あまりハメを外さない。サンデーの人は『今日はバーッと行きましょう!』みたいな感じですよ」川崎のぼる

週刊漫画誌として作品を維持して、なおかつ名作を制作続けてきた両誌で、それぞれの作風はご覧の通りです。

« 漫画家の秋竜山さん死去 | トップページ | かっこいいスキヤキ【孤独のグルメの原点をドラマ化!】テレビ東京3/18土16:00〜17:15 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト