« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月31日 (水)

「描くことは再び愛すること」ヘンリー・ミラー

「ぼくは自分の書いていることが実際に以前の自分の言動であったものなのか、それとも創り上げたものなのか、もはや自分でもわからなくなることがある。とにかく、ぼくは嘘ではない夢をみる。時おりほんのちょっと嘘をつくことがあっても、それは主として真理のためなのである。ぼくが言わんとしているのは、ばらばらに砕けてしまったぼくが統合しようとしていることなのだ。」ヘンリー・ミラー

「ぼくがものを書くのは」ヘンリー・ミラー

「ぼくがものを書くのは、より大いなる現実をうち立てたいためである。ぼくは現実主義者でもなく自然主義者でもない。ぼくは生命の味方をするものであり、生命は文学においては夢と象徴を駆使することによって得られる。ぼくは心底では形而上的な作家なのだ。」ヘンリー・ミラー


「思えば、ひたすら自らのおもむくままに事をなし、果実を手に入れてきた。

私にとって現実は常に彼方にあり、理想がその手前にある理想を追い続けていれば、それが現実になって、事を成すことができるのだ。」 ヘンリー・ミラー

2023年5月30日 (火)

『燈台鬼』南條範夫

遣唐使の父子の悲劇を描いた短編時代小説。1956年『オール讀物』5月号連載 

35回直木賞を受賞作。


『燈台鬼』あらすじ

時は唐の代宗の御世である大暦143月、長安の蓬莱宮に事件が起きていた。日本の遣唐使小野石根が「この宴席において日本の席次が新羅より下に置かれるとは承服しがたい」と脇目もふらず叫んでいた。その言葉に新羅の使者は大反発した。面倒と見た唐側は日本の使節の謁見を早めて、すぐに都から去るようにしてしまう。


出発を間近にひかえた石根は、高階遠成とともに長安の場外を馬で散策して、2人の後を先ほどから付けて来た謎の男達に襲われる。石根は遠成を逃して、一人でその集団に立ち向かった。彼らの言葉から新羅の人間だと分かったが、石根は馬から突き落とされて、連れ去られそうになる。だが遠成が助けを連れて戻ってきたと感づいた暴漢達に傍らの溝に投げ捨てられて、男達もそのまま逃亡してしまった。そして石根は気を失う。


遣唐使の帰国後に、石根は帰路で海難事故のため死亡したと伝えられる。3年後、嘆き悲しむ妻の衣子のもとに帰国した遠成が訪れる。「実は石根は長安で行方不明となっており、彼の名誉のために水死した事になっていた」と告げる。横で聞いていた9歳の息子の道麻呂は「ならば自分が大きくなったら遣唐使となって父を唐へ探しに行く」と幼いながらも母に毅然と申し出るのだった。


そして二十数年後の延暦237月、藤原葛野麿を大使として出発する、遣唐使船第二船の中に道麻呂と遠成の姿があった。長安に着いた2人はあらゆる手を使って石根の行方を捜したが、その手がかりは全くつかめず、やがて帰国の頃となった。

遠成は「揚州から帰る副使の一行に加わって、そこで探してみてはどうか」と提案する。だが揚州においても、少しの手がかりも得られなかった。


ついに帰国の時となり、揚州節度使陳大勉は遣唐使一行に別れの宴を催した。節度使は芸人一団を会場に呼び寄せて、一行にも何か余興を求める。若い道麻呂がその最初となり、彼は母が旅立ちの際に送ってくれた歌を切々とうたった。その時に道麻呂は、部屋の隅に置かれた大きな3つの燭台のうち、1つがわずかに動いたことに気づいた。


その後奇妙なことに、一人の役人がその燭台を鞭で打擲し始めたので呆気に取られていると、横にいた節度使の書記が「あれは燈台鬼という人間の燭台で、体を動かした為に鞭で打たれているのです」と教えられる。鞭の罰を与えられていた燈台鬼は60歳ほどの老いた男だった。その男は自分に近づいた道麻呂の顔を眺めると突如奇声を発した。自らの唇を食い破ると、したたり落ちる血を足の指でなぞり「石根」の2文字を書いた。


この燈台鬼が石根だと知った2人は、適当な口実を作りその身を譲り受けて、持衰扱いにして帰国船に乗り込ませる。


あの日、新羅人たちに襲われ倒れていた石根は、偶然通りかかった雑戯師に拾われた。そして声と十指を奪われ、燈台鬼へと体を変えられ売り払われた。人には屈しえぬ性格の石根であったが、何もかもが無駄だと悟った。感情を無くすことに努めるが、夜毎に故郷の妻子が心に浮かび上がるのだった。


ある夜、主人のもとの宴でその懐かしき祖国の歌が聞こえてきた。「この客は日本の遣唐使なのだ。助かる機会は今夜の他はない」と思わず体を動かした。だが「鬼となったこの醜い姿をどうして故郷の人に見せられよう?」と残った最後の自尊心が彼を押さえつけた。しかし彼の前に立った人物に妻の面影をはっきりと感じて、自分の息子だと確信した石根は、全身に残っているあらゆる力を注いで足元の床に自分の名前を記した。


船内で筆を使えるようになった父から、全ての物語を聞いた道麻呂は張り裂けんばかりに泣いたが、反対に少しずつ穏やかさを取り戻していった石根は笑みを浮かべ「よくぞ母に似たる」と何度も書き記るす。


8日目の明け方、道麻呂はただならぬ気配で目を覚ました。騒然とする甲板に出て船員に話を聞くと、持衰が今しがた海中へ身を投じたという。半狂乱となった道麻呂に、船の下方から戻ってきた遠成は、石根が書いたであろう詩が記された一枚の紙を示した。


経年流涙蓬蒿宿、遂日馳思蘭菊親。

形破他州成燈鬼、争帰旧里寄斯身。


「石根様のお心にしてみれば仕方の無かった事かもしれません」とつぶやいた遠成に、道麻呂は泣きながら小さくうなずいた。「持衰が死んだので海が荒れるぞ」と船員たちの騒ぐ声がまるで耳に入らぬかのように、2人は波が高くうねり始めた海面をひたすらに眺めていた。 

【南條範夫】

19081114 – 20041030日。
東京銀座に生まれる。東京帝国大学法学部卒業。
1953
年、『子守の殿』で第1回オール讀物新人杯受賞。
1956
年、『燈台鬼』で直木賞受賞。
1975
年、紫綬褒章受章
1982
年、『細香日記』で吉川英治文学賞受賞。


【関連記事】

『月影兵庫・血染めの旅籠』南條範夫(創元推理文庫)零画報

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2023/04/post-7e5e89.html


長編剣豪小説『月影兵庫』シリーズ・南條範夫(創元推理文庫)零画報

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2023/05/post-33e115.html

2023年5月29日 (月)

幸福と偶然とハプニング

【happy 意味と語源】

【英語】幸福な。楽しい。めでたい。


 語源解説

英語 hap(偶然)+-y(~の)⇒ hampa(機会;幸運)が語源。「たまに起こる幸運なこと」がもともとの語源。happen(偶然に起こる)と同じ語源をもつ。


 関連語

hap [古語] 偶然)

haphazard(無計画の)

hapless(不運な)

happen(偶然に起こる)

happiness(幸運)

mishap(不運な出来事)

perhaps(おそらく)

2023年5月28日 (日)

「気」「血」「水」について

東洋医学では「気・血・水」によって身体が構成されると考えられている。

「気」「血」「水」の三つの成分は、互いに助けてコントロールして関係し合いながら全身を巡っている。

内外の病邪によりバランスが崩れると、三つの成分の状態が変化して、その人特有の病態となる。不均衡を是正して、望ましい状態が得られる。

「気」とは臓器や器官の働きをつかさどる生命エネルギー。「気」は生命力そのもので、人間が生きていることが「気」。「気」が0になってしまうと、人間は死んでしまう。元気のもとで、次のような働きをする。

* 新陳代謝を促す。

* 体温を正常に保ったりする。

* 病気から体を守る防御作用。

* 食べ物をエネルギーに変える。

* 「気」が失調すると「血」「水」にも支障が起こる。
人体の構成成分を陰陽に分けると、気は陽に当たる。自然界だけでなく、人間の体にも陰と陽があり、そのバランスが崩れると不調につながる。健康とは陰と陽のバランスがとれた状態のこと。

「気」の力を受けて生命そのものを動かしているのが「血」である。「血」は血液とその働きで、全身に栄養を与えて潤す作用を持っている。血が不足するとイライラしたり、ぼんやりしたりして、精神面にも大きな影響を与える。
陰陽に分けると、「血」は「水」と共に陰の部分を担っている。
活動エネルギーの「陽気」と血液や正常な水液、成長発育の源となる「陰液」は、基本物質が互いに助け合いながら、制御しながら、生命の維持をしている。

「水」は体内にある組織液や消化液など血液以外のすべての体液を意味して、体の潤いのもとになる。
「水」は無生物。「気」や「血」の力で動かされている無生物が「水」。
「水」が単独で病むことは絶対にない。

「水」の病症をおこすのは、一番基本は、「気」が病んで「水」が病むこと。

要するに生命である「気」で動かされて、「血」が生命現象を営み、従って非生命現象として動くのが「水」である。病証として気、血、水が現れるのですが、対等に論ずるものではない。

Img_6036

2023年5月27日 (土)

『鹿鳴館』三島由紀夫

明治19年の天長節に鹿鳴館で催された大夜会。恋と政治の渦中に、交錯する愛憎、暗殺の企み、裏切り。

乱舞する四人の男女が巻き込まれていく運命は――。〈はじめて書いた俳優芸術のための作品〉と三島が言った戯曲。


『鹿鳴館』について

この作品はとにかく「お芝居」を書こうとしたものだ。史実や時代考証には無頓著で、杜撰を極めている。明治十九年十一月三日の鹿鳴館における天長節夜会には、ここに見られるような事件は絶対に起らなかった。但し、歴史の欠点は、起ったことは書いてあるが、起らなかったことは書いてないことである。そこにもろもろの小説家、劇作家、詩人など、インチキな手合のつけ込むスキがあるのだ。(文学座プログラム・昭和三十一年十一月 三島由紀夫)



「美しき鹿鳴館時代―再演『鹿鳴館』について

もちろん時代の隔たりがすべてを美化したことが原因だが、それだけではない。こんな風に、或る現実の時代を変改し、そのイメージを現実とちがつたものに作り変へて、それを固定してしまふ作業こそ、作家の仕事であつて、それをわれわれは、ピエール・ロチ(日本の秋)と芥川龍之介(舞踏会)に負うてゐる。そこに更にこの『鹿鳴館』一篇を加へることを、作者の法外な思ひ上りと蔑せらるるや否や。 — 三島由紀夫



【舞台四幕劇】

時は1886年(明治19年)113日の天長節。


1 - 午前10時。影山伯爵邸・庭内にある茶室潺湲亭。

天長を祝う観兵式が行われている日比谷の練兵場を見渡せる影山伯爵邸・庭内の茶室潺湲亭に集まった華族夫人たちの前に、元・新橋の芸者だった影山伯爵夫人・朝子が現われた。朝子は輝くような美しさと人当りのよさで華族夫人たちの中心となっていた。公卿の出、大徳寺侯爵夫人・季子も朝子を崇拝するひとりで、娘・顕子の恋人の問題で助言を求めてきた。恋人の名は自由民権運動家・清原永之輔の息子・清原久雄だという。その名を聞いた時、朝子は心臓が止まる程ショックを受ける。話を聞くと、久雄は何か危険な行動へ出ようとしているらしい。そして今、その久雄を呼んできているという。

朝子は久雄の危険な計画を止めさせようと、自分が久雄の実の母であること、芸者時代の自分と永之輔との愛とを打ち明ける。だが久雄は、自分が今夜暗殺しようとしている相手は影山伯爵ではなく、父・清原永之輔であると意外なことを言った。


2 - 午後1時。同所。

朝子は、かつての恋人で今も愛している清原永之輔を邸に呼びつけた。清原が今夜の鹿鳴館の舞踏会に、自由民権運動の一党を引き連れ乱入して来ることを止めさせようとするためだった。しかし清原は朝子の説得を容易に聞き入れない。そこで朝子は、これまで鹿鳴館の夜会には出ないことにしていた主義を翻し、今夜は自分が主宰者として出ると宣言する。朝子は、私の夜会をぶち壊しにしないで下さい、あなたの命をお救いしたい一心の贈物ですと清原を説得し、承諾させる。

影山伯爵が側近の飛田天骨と観兵式から帰ってきて茶室にやって来た。外務卿の影山伯爵は、内閣切っての実力者と自他共に認める存在だった。清原を急いで帰らせた朝子と女中・草乃は木蔭に隠れ、影山伯爵と飛田が話している内容を聞いてしまう。清原永之輔の暗殺計画の首謀者は実は、夫・影山伯爵だったのである。身を現わした朝子は、今夜は壮士の乱入はありません、と夫にきっぱり宣言する。


3 - 午後4時。鹿鳴館の2階。

実の母・朝子に舞踏会に出るように命じられ、正装した久雄が恋人・顕子と鹿鳴館の2階にいる。やがて2人は朝子と季子に伴われ広間へ移動し、代わりにそこへ影山伯爵と草乃がやって来る。影山伯爵は草乃を強引に籠絡し一切を聞き出す。清原率いる壮志乱入がないことが確実だと知った影山伯爵は、偽の斬り込み隊を乱入させ、草乃を使い清原に知らせて、彼をおびき寄せる計画をする。そして朝子の計らいで今夜、父は乱入しないと思っている久雄に対し、そんなものを信じているのかとそそのかし、彼にピストルを渡す。


4 - 午後9時すぎ。鹿鳴館の2階。舞踏場。

華やかな舞踏会が始まった。やがて給仕が朝子へ壮志の乱入を知らせた。朝子は階段の上で凛として立ちはだかり、これを阻止する。本物の壮志乱入と思い込んだ久雄は自分の母を裏切った父に激昂し、戸外へ出ていく。銃声が2発轟いた。朝子は、とうとう久雄はやってしまったと思ったが、露台に現われたのは清原永之輔であった。自分との約束を破り、久雄まで殺した清原を朝子はなじるが、実は久雄はわざと弾をはずし、自分が父に撃たれ死ぬことを選んでいたのであった。そして清原は、自分が朝子との約束を破ったのではないこと、偽の壮志を仕向けたのは影山伯爵であると告げて去っていく。

朝子と影山伯爵は激しく言い合う。そして今夜かぎりで別れ、清原の元へ行こうと決心した朝子と影山伯爵はいつわりのワルツを踊る。そこへ戸外で銃声が一発轟く音がする。

Wikipedia》より


三島由紀夫(1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。19701125日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。

休刊まであと2号! 今週の週刊朝日はついに「山藤章二のブラック・アングル」が表紙に!? 特別企画が満載の永久保存版

休刊まであと2号となりました。今号の表紙は、これまで連載などで活躍した名物キャラクターたちが「山藤章二のブラック・アングル」に大集結!本誌101年の歴史をひもとく連載「週刊朝日と世相」など、永久保存版の企画のオンパレード。ほかにも、マリコのゲストコレクションに週刊図書館スペシャル、自衛隊内の性暴力を告発した女性のインタビュー、親の延命治療の可否を迫られた記者による渾身のルポ、大学合格者高校ランキング11弾など、バラエティー豊かなラインナップでお届けします。

Img_3911

ついに休刊まで2号となりました。連載「週刊朝日が報じた人々の暮らし」の2回目は、「高度成長期を生きた私たち」がテーマ。60年安保・闘争に斃れた樺美智子さんの母の手記や、列島を駆け抜けたオイルショック狂騒曲など、当時の誌面から振り返ります。開高健オマージュ企画「ずばり東京2023」の4回目は、ライターの磯部涼さんがチーマーの幻を追いました。東海林さだおさんの長寿連載「あれも食いたい、これも食いたい」スペシャルでは、選りすぐりのイラスト37点を紹介します。


林真理子×大石静対談

マリコのゲストコレクションのスペシャル版に、脚本家の大石静さんが登場。来年の大河ドラマ「光る君へ」を担当する大石さんは、藤原道長の『御堂関白記』をみてゾクッとしたそう。「道長に『書け』って言われているような感じがして」。マリコさんとは十二単の話で盛り上がり、話はあらぬ方向へ……


書評委員28人が薦める「次世代に遺したい1冊」

週刊朝日の休刊とともに、長きにわたりご愛顧いただいた「週刊図書館」も休館します。最後にお薦めしたい本を、執筆陣28人に選んでもらいました。長く当欄の連載を担当してきた文芸評論家の斎藤美奈子さんとライターの長江朗さんが、週刊図書館の72年を振り返ります。いずれも今週号と来週号の2回に分けて、お届けします。


五ノ井里奈さんインタビュー

「記録として残すことによって、誰かが救われるとか、背中を後押しできれば」。こう訴えるのは、自衛隊内の性暴力を告発した五ノ井里奈さんです。東日本大震災に遭い、被災者らを励ます自衛官に憧れた五ノ井さんが夢を叶えたと思ったら、絶望を味わう……。気鋭のライター・加賀直樹さんが、著書『声をあげて』を刊行した五ノ井さんに話を聞きました。


そのときあなたは決断できる? 延命しますか、しませんか

老人保健施設で暮らす記者の母親(83)が肺炎になり、記者はある決断を迫られます。口での食事が難しくなり、延命のためには腕から栄養を入れるなど、母親が望んでいなかった治療方法をとらなければならなかったのです。さて、記者が選んだ判断とは……。不意に訪れる「その日」に備えるために、医師や専門家とともに考えます。

2023年5月26日 (金)

【らんまん】次週あらすじ公開 万太郎はショックな場面に遭遇!ああ寿恵子が「波乱」です

NHK連続テレビ小説「らんまん」(月~土曜・前8時)の公式SNSが26日に更新されて、29日から始まる第9週のあらすじが公開された。

第40話が放送されたテレビでは、次週予告の映像はなかった。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)


 いつか日本中の植物の名を明かし植物図鑑を作りたい、という夢を掲げた万太郎(神木隆之介)は、その第一歩として、植物学雑誌の出版を目指していた。一方の寿恵子(浜辺美波)は元薩摩藩士の富豪・高藤(伊礼彼方)から誘いを受けて、舞踏練習会に参加することになった。そして万太郎も田邊教授(要潤)の誘いで高藤家のサロンへ行ったところ、ばったりと寿恵子と出会う。

 田邊から植物学雑誌を作ることの許しを得られたものの、どうも頭の中から寿恵子のことが離れず、仕事に身が入らなくなってしまった万太郎。長屋の住人である、りん(安藤玉恵)、えい(成海璃子)、ゆう(山谷花純)の3人の女性に励まされ、万太郎は自分の気持ちを伝えようと白梅堂へ向かうが

***

恋敵が現れてしまい、寿恵子をめぐって、東藤と波乱が起きそうだ。


植物図鑑を作るという生涯を懸けた仕事を見つけた万太郎。『らんまん』(NHK総合)第40話では、その勢いのまま植物学教室の波多野、藤丸と植物学の雑誌を作る決意を固める。先輩として少し先を歩く丈之助の勧めもあるが、万太郎自身も出版物の成り立ちに興味があり、何より雑誌を制作することは必ず図鑑へと続いていると万太郎には確信めいた思いがあった。


キノコの研究がしたい藤丸に、朝顔の品種の掛け合わせを調べたい波多野。3人は牛鍋屋で意気投合するが、その道の途中には田邊教授を口説く難関が立ちはだかっている。


その頃、田邊は管弦楽協会理事の名須川、政府高官の佐伯、元薩摩藩士の実業家・高藤とクララ・ローレンスのピアノ演奏を聴きながら、優雅に紅茶を嗜んでいた。彼らは鹿鳴館の計画に関わっている面々で、舞踏会に通ずる西洋音楽を楽しんでいた。だがそれは文明国を装ったポーズに過ぎず、庶民にはまだまだ文明開化の音はしてはいなかった。

コーネル大学で学んだきたことを自負する田邊は、先鋭的な感覚と考えの持ち主。「民権踊り」や「よしや節」といった労働歌を古い音楽であり下品な歌と否定して、男性と女性が手を取って踊る舞踏会を通して推奨しようとする。賛同しながらも不服そうな態度を示す薩摩弁が強烈な高藤、果たして舞踏会を開催してなんの意味があるのか。


白梅堂の菓子を届けに寿恵子が屋敷を訪れた。彼等は寿恵子に興味津々。特に高藤は寿恵子が部屋に入って来るや否や、ティーカップを片手に思わず二度見した。舞踏練習会について叔母のみえから事前に聞いていた寿恵子は、「西洋の音楽が大層美しいものだと」と笑顔で返答する。その一言に田邊も思わず笑顔。険悪ムードを放っていた高藤も「寿恵子」を通じて田邊らと意見が一致。舞踏練習会に寿恵子を参加させたい。


この第8週のタイトルは「シロツメクサ」で、クローバーのこと。

1枚に植物の一生を描いた万太郎の植物画を見て、「確かに、神は私に幸運を遣わせてくださった」と田邊はつぶやく。植物学教室の片隅にそっと置かれた四つ葉のシロツメクサ。果たしてそれは万太郎にとって、幸運を運んでくれるのだろうか。雷鳴轟く不吉な予感が植物学教室を包み込んで終わった。


放送情報
NHK
連続テレビ小説『らんまん』【全130回(全26週)】
総合:午前8:008:15、(再放送)12:4513:00
BS
プレミアム・BS4K7:307:45、(再放送)11:00 11:15
出演:神木隆之介、浜辺美波、志尊淳、佐久間由衣、広末涼子、松坂慶子ほか
作:長田育恵
語り:宮﨑あおい
音楽:阿部海太郎
主題歌:あいみょん
制作統括:松川博敬
プロデューサー:板垣麻衣子、浅沼利信、藤原敬久

演出:渡邊良雄、津田温子、深川貴志ほか

2023年5月25日 (木)

第一生命「2022年サラっと一句!わたしの川柳コンクール」ベスト10

▼1位「また値上げ 節約生活 もう音上げ」(健康奉仕・50代)


▼2位「ヤクルト1000 探し疲れて よく寝れる」(三代目ヒゲだるま・40代)


▼3位「店員が 手とり足とり セルフレジ」(三階から目薬・40代)


▼4位「下腹に 脂肪が集合 『密ですよ』」(薫・40代)


▼5位「サイフより スマホ忘れが 致命傷」(芋は焼酎派です。・30代)


▼6位「『キレイです』 褒めてくれたの レントゲン」(怪傑もぐり33世・50代)


▼7位「パスワード つぶやきながら 入れる父」(はなまる・30代)


▼8位「送料を 無料にするため ムダ使い」(ネットショッパー・40代)


▼9位「オミクロン 家族全員 株主に!!」(まだまだ隔離期間中・40代)


▼10位「熱が出て はじめて個室 もらう父」(とぱーず・50代)


雲が行く

Img_3852Img_3853Img_3856Img_3854

2023年5月24日 (水)

『村上RADIO ~アカペラで行こう~』

村上春樹コメント 

村上RADIO、アカペラで歌われる音楽一堂に集めてみました。アカペラ、伴奏を伴わないコーラスだけの音楽のことです。中世教会音楽が起源ですが、これが形を変えながら現代に受け継がれ、1950年代にはドゥワップ・ミュージックのひとつのスタイルとなりました。そして21世紀にはまた新しい個性を身につけたアカペラ音楽が生まれています。人間の声だけで作り出される温かくヒューマンな、またあるときにはあっと驚く響き。様々なスタイルのアカペラ音楽を楽しんでください。 村上春樹

■ 『村上RADIO ~アカペラで行こう~』
放送日時:2023528日(日)19:0019:55(放送時間が異なる局があります)
放送局:TOKYO FM/JFN全国38局フルネット
パーソナリティ:村上春樹
提供:DNP大日本印刷 Yakult

2023年5月23日 (火)

月の謎が解けた! 中身が「固体」か「液体」かの論争に決着

月には数多くの謎がありますが、その中でも月の内部が「個体」か「液体」かという論争は長く続いていました。


そして、ようやくその議論に決着がついたようです。月の内部の謎について海外メディア「sciencealert」が解説しています。


関連:太陽の1千万倍「超巨大ブラックホール」発見が〝宇宙の始まり〟解明の鍵になる理由とは?

*Category: Science *Sourcesciencealert,wikipedia,nature


月の内部はどうなっているのか?

一般的に太陽系の天体の内部構造を調べるには、地震データが最も効果的です。なぜなら、地震によって発生した音響波が惑星や月の内部を通過・反射する様子から、天体内部の詳細なマップを作成することができるからです。


月の地震データはアポロ計画の際に収集されています。しかし、明確な回答は得られていません。


アポロ計画で収集された月のデータがありますが、解像度が低すぎて内核の状態を正確に把握することはできていません。また、月の最下部におけるマントルのオーバーターンの影響については、まだ議論が続いています。

引用元:nature


そこでフランス国立科学研究センターの天文学者アーサー・ブリオー氏が率いる研究チームは、月の内部を調べるために宇宙ミッションや月レーザー測距実験などのさまざまな情報を収集しました。これには、地球との重力相互作用による変形の度合い、地球からの距離の変化、密度なども含まれます。


次に研究チームは様々なコアタイプでモデリングを行い、観測データに最もよく一致するものを見つけようとしました。その結果、月の姿に最も近いモデルは、マントルの奥深くが活発に動いていることだと発見します。これは、月の内部で密度の高い物質が中心に向かって落下し、密度の低い物質が上方に向かって上昇していることを意味します。


また、月には半径が約258キロメートル、密度が1立方メートルあたり約7,822キログラムの個体内核があるとも推測されました。これは、鉄の密度に非常に近いです。このことからブリオー氏は月の核は地球の核と非常に似ており、外部は流動層、内部は固体で構成されていると結論付けました。


月が形成された直後は強力な磁場がありましたが、約32億年前に磁場が低下し始めたことが分かっています。このような磁場は、核の運動や対流によって発生するため、月の核が何でできているかは、磁場が消えた経緯と深く関係しています。


そのため今回の発見は、月の歴史ひいては太陽系の歴史をより正確に理解することにつながると期待されています。


【引用】

https://share.smartnews.com/u2i7r

より

2023年5月22日 (月)

「シャーロック・ホームズの真実 名探偵のモデルは2人いた!?」

「あなたの好きな名探偵」ベスト10

1位 シャーロック・ホームズ

2位 金田一耕助

3位 エルキュール・ポワロ

4位 コロンボ

5位 浅見光彦

6位 明智小五郎

7位 ミス・マープル

8  三毛猫ホームズ

9  エンデヴァー・モース 

10位  ブラウン神父


 公式ページはこちら

https://www.mystery.co.jp/axnmystery20th_meitantei


「シャーロック・ホームズの真実 名探偵のモデルは2人いた!?」


作者の医学部時代の恩師で外科医であるジョセフ・ベルとされている。原作者のコナン・ドイルと親交の深かった人物がモデルになった。

ベル博士の口癖「ただ見る(see)だけではなく観察(observe)せよ」

シャーロック・ホームズシリーズ「ボヘミアの醜聞」でホームズがワトスンに言った言葉でもある。


「ベル教授は列車内の他のすべての乗客がどこから来て、今どこに行こうとしているのか、彼らがどういう職業で、どういう癖のある人間たちであるのか、当ててみせる」


ベル博士には相棒の警察医ヘンリー・リトルジョン卿という人物がいた。二人がスコットランドで発生した難事件に向き合って解決に導いた、1878年に起きた殺人事件「シャントレル事件」があった。


「シャーロック・ホームズ」のモデル」の解説

アーサー・コナン・ドイルは1877年にベルに出会い、エジンバラ王立病院 (Royal Infirmary of Edinburgh) でベルの下で働いた。ドイルは後に、架空の人物シャーロック・ホームズを主人公として人気の高い一連の物語を書くようになったが、ドイルによれば、ホームズの人物像は、ベルとその観察手法を緩やかになぞったものだという。

ベルは、自分がモデルとされていたことに気づいており、それを誇りに思っていた。

アーヴィング・ウォーレスは、著書『The Fabulous Originals』で初出し、後に加筆されて『The Sunday Gentleman』に収録されたエッセイで、ベルがおもにスコットランドで警察の捜査に何回も関与しており、1893年のアードラモント殺人事件 (Ardlamont murder) などにもたずさわり、多くの場合は法医学を専門としたヘンリー・リトルジョン (Henry Littlejohn) 教授とともに働いていたと述べている。


【「ジョセフ・ベル」解説】より

2023年5月21日 (日)

ゼレンスキー大統領がG7サミット討議に出席 招待国セッションにも

来日中のウクライナのゼレンスキー大統領は21日午前、広島市で開催されている主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席した。G7首脳がそろってゼレンスキー氏と対面で会うのは初めて。この日はウクライナ問題に関するG7首脳との討議に加え、インド、ブラジル、豪州など招待国も加わったセッションにも参加する。

 討議に先立ち、G7首脳とゼレンスキー氏は記念撮影に臨み、笑顔で会話を交わす場面が見られた。【毎日新聞】

広島ビジョン「期待外れ」 ICAN暫定事務局長が批判―G7サミット


国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のダニエル・ホグスタ暫定事務局長は、先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、19日に発表された核軍縮に向けた声明「G7首脳広島ビジョン」について「新しい内容がなく期待外れ」と厳しく批判した。時事通信とのインタビューで語った。


被爆地の広島にG7首脳が集まったことを評価しつつ、「平和記念資料館や被爆者との面会で感じたことがあるはずだが、声明に全く反映されていない」と指摘。「写真を撮って献花するだけでは意味がない」と嘆いた。

広島ビジョンを「リーダーシップの不履行だ」と批判して、核の脅威と使用リスクが高まっている世界の現状に対して「危険ですらある内容」と強調。サミットが核軍縮に向けた「ただのPRで終わるべきではない」と訴えた。

ロシアによる核の脅威にさらされるウクライナのゼレンスキー大統領が広島を訪問することに関しては「(核に対する)G7首脳の意識を高めてくれることを望むが、この声明から期待はできない」と悲観的な見方を示した。

核保有国と非保有国との「橋渡し役」を掲げる日本に対しては「ある意味、核保有に加担している」と非難。「現状を変えるつもりがあるなら、核兵器禁止条約(TPNW)を支持するのが唯一の論理的な選択だ」と述べ、今年開催予定の第2回締約国会議へのオブザーバー参加を求めた。

【時事通信社】


「ある意味、核保有に加担している」日本となってしまった。

2023年5月20日 (土)

当時三十歳のエジプト人に最も強い印象を与えた展示は、焼けた三輪車だった

エジプト在住の知人は約二十年前に日本を旅し、広島の原爆資料館を訪れた。当時三十歳のエジプト人に最も強い印象を与えた展示は、焼けた三輪車だったという▼原爆投下当時、爆心地から一・五キロ離れた家の前で鉄谷伸一ちゃん=当時(3つ)=が乗っていた。「水をちょうだい」と苦しんだ末、冷たくなった▼父親の信男さんは遺体を火葬する気になれず、天国でも遊べるようにと三輪車と一緒に庭に埋葬した。被爆から四十年後に骨を墓に移そうと掘り返し、三輪車は資料館に寄贈した。多くの人の心に残る展示らしく、経緯は絵本『伸ちゃんのさんりんしゃ』(童心社)に描かれた▼G7広島サミットに参加した各首脳も、展示に何かを感じただろうか。一行が昨日、資料館を訪れた。滞在は約四十分。何を見たのか気になるが、小欄執筆時点で詳細は明らかではない。七年前に訪れたオバマ米大統領(当時)は滞在約十分。ロビーに一部の収蔵品が集められ、斃(たお)れた人の遺品となった弁当箱などを見たと後に報じられている▼先の絵本は、年を重ねた信男さんが孫たちに伸ちゃんの話を聞かせる形で進む。最後にこう語りかける。「さんりんしゃで、おもいきりあそべるよのなか、へいわなよのなかにしようねえ」▼子どもたちが遊び、弁当を持って出掛けた家族もちゃんと帰ってくる日々を守ることこそ、政治の務めだろう。

【東京新聞】筆洗い5月20日より

「霊験あらたか」について

「霊験あらたか」は「神や仏からのご利益が著しく現れること」という意味らしい。

神仏による効験が明らかに表れるさま。 神仏が著しく感応するさま。 「霊験灼然」(れいげんいやちこ)などとも言う。

人は「困った時の神頼み」で、神社や仏閣などにお参りするが、それはあくまで精神的に拠り所とする為という人が多くなる。

ところが中にはお願いや祈祷をしたところ、そのご利益がてきめんに表れて思い通りの結果になることもある。その様な時に「霊験あらたか」という言葉を使う。

「霊験あらたか」は実際にご利益があった時だけではなく、ご利益があると評判のものに期待して使われる。


しかし川の神様が人の願掛けで、雁字搦めになっているジブリのアニメーションはリアルな現実だと思う。神社で願い事をするなら、された方の立場をよく考えたほうがいい。

一度に何百もの願望を叶えてやる、神様だってヘトヘトになってしまうだろう。

相手のことを想像できなくなったら、不協和音が始まる。

霊長類として「霊験」は正しく意識するべきだと思う。神聖な相手に利益は浅ましいと問われるのも神社。願望より感謝が大切。

「ありがとうございます」

これで神社には充分なことだとは思いませんか。感謝がなによりも大切な想いでしょう。

「有難う御座います」

この言葉の意味は人間が考える想像でも、とても能動力がある深い行為です。

そして力強い根源を生み出す言葉なんです。

「ありがとうございます」

言霊も入っているありがとうなんです。

Img_9282

三島由紀夫が語った「お茶漬けナショナリズム」をバカにできない理由

『お茶漬ナショナリズム』は三島由紀夫の評論・随筆。 日本の文化や伝統を軽蔑しながらも、海外旅行先でお茶漬の味を恋しがったり、西洋と比べて日本の価値を判断したりするような主観的・日本的な感覚に寄りかかっている中途半端なインテリ「新帰朝者」たちの有り様を批判したもの。


「外国へ行くと愛国者になるというが、一概にさうしたものでもあるまい。日本にいて、日本のよさがわからないやうな人が、もっと遠くへ行ってわかるやうになるといふ理屈はないのである。それは大方、やっぱり刺身が恋しいとか、おみおつけが恋しいとかといふ、他愛のない愛国心であろう」

(三島由紀夫「お茶漬けナショナリズム」)


三島由紀夫は海外へ逗留した日本人がその国の食事に飽きたり口に合わなくて日本食が恋しくなり「お茶漬けばかりは思想を斟酌しないとみえて、外国へ一歩出たら、進歩的文化人も反動政治家も、仲良くお茶漬けノスタルジーのとりこになってしまう」と、日本文化や伝統を軽視しながら、イデオロギーや理念などとは異なり、お茶漬けという食文化に自身の血肉と切っても切れない切実なノスタルジーと、それにつられてナショナリズムを実感するような事を批判している。


「日本、日本人、日本文化、といふものは、そんなにわかりにくいものだらうか? 日本の国内にゐては、そんなにその有難味を知りにくいものだらうか? どうしても一歩国外へ出てみなくては、つかめないものなのだらうか? あるひは日本人は、そんなにも贅沢になつてしまつて、自分の持つてゐるものの値打を、遠くからでなくては気づかなくなつてしまつたのであらうか?

これは多分、文明開化の病状の一つといふか、明治の文明開化の後遺症みたいなものだと思はれる。」

(三島由紀夫「お茶漬ナショナリズム」)


権威依存と他者から頂戴した箔付けを自身の価値の拠り所として、ナショナリズムの脆弱な土台にしてしまう。文化的な帰属を軽視し消費するエニウェアーズでありながら、その文化が評価されることをにわかに誇るサムウェアーズである欺瞞を指摘した。


「その上、大正インテリが社会の上層部を占めてゐて、自分たちが知らないものだから、日本の伝統文化のなかの豊麗なもの、清純なもの、デカダンなもの、雄々しいもの、美しいものに対する客観的評価を不可能にしてしまつた。」

(三島由紀夫「お茶漬ナショナリズム」)


【関連記事】

三島由紀夫が語った「お茶漬けナショナリズム」をバカにできない理由【適菜収】

https://share.smartnews.com/9weQC


三島由紀夫(1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威。

1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。

主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。19701125日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。

2023年5月19日 (金)

スナップえんどうを食べる。

Img_3703

カブときゅうり🥒を食べる。

Img_3805Img_3807

枝豆を食べる

Img_3804

2023年5月15日 (月)

道の草花🪴

Img_3730

雑草という草はない。(牧野万太郎)

2023年5月14日 (日)

地震のあった夕陽

Img_3735

独特の色彩ですね。

2023年5月13日 (土)

長編剣豪小説『月影兵庫』シリーズ・南條範夫 (光文社文庫)

『月影兵庫 上段霞切り』南條範夫 (光文社文庫)

格式ばった生活を嫌い、気ままな素浪人をつづける月影兵庫。義理の伯父・松平伊豆守信明の屋敷から消えた京洛随一の美女・綾姫の行方を追って東海道の冒険道中へ……

時代小説に本格的推理を織り込んだ傑作長編。

Img_3743

側室50数人という将軍家斉の人身御供に選ばれた綾姫は、輿入れを前に逃げ出してしまった。老中でもある叔父に月影兵庫は頼まれて、姫君をつれもどす役を仰せ付けられる。

月影はこれを機に旅ができると、江戸から京への気ままな漫遊の旅立ちとなる。いろいろな事件に関わって、道草を喰ってしまあのだった。


綾姫に叔父の政敵が手を貸したのもあって、追っ手は兵庫を含めて4人、姫君の顔を確認するのに同行した奥女中の桔梗は、後に兵庫の妻になる。旅の途中で色年増が加わって、桔梗をやきもきさせる珍道中。


月影兵庫は直参旗本(二千石)月影吉左衛門の次男坊で、身体は大柄な五尺七寸、流派は十剣無統流。その他にも薙刀、槍、柔術、捕縄術、早駆け術などこなして滅法強い。得意なのは上段霞斬り、相手の首を一瞬にして斬り落とす、愛刀は越前守助広で良く斬れる。好奇心と正義感が強くて、いろんな事件に首を突っ込んでいく性分があり、女には良くモテる。昭和の気楽な時代劇ドラマを楽しむような手軽な小説である。他にも短編集を含めて月影兵庫シリーズは全6冊。


初出=『週刊東京』1958712月連載

初刊=19592月『月影兵庫聞書抄 上段霞切りの巻』(東京文藝社) 

Img_3744

『月影兵庫極意飛竜剣』南條範夫(光文社時代小説文庫)

老中松平信明の嫡子信安が惨殺された。木挽町の下屋敷で兵庫を待っているところを襲われたのだ。犯人の追及に乗り出した兵庫は、片腕の男が事件の鍵を握っていることを知る。秘剣颯爽、シリーズ第二弾!(『片腕の男』改題)

Img_3932

『月影兵庫独り旅』南條範夫(光文社時代小説文庫)

惚れた女と一緒になって、道場を開いた兵庫。だが、恋女房の桔梗は流産し、あっけなく死んでしまう。

無常を感じた兵庫は、道場をたたんで飄然と旅に出た。そこで待ち受けるものは…?

剣と愛欲の道中記。シリーズ第三弾!


【南條範夫】

19081114 – 20041030日。
東京銀座に生まれる。東京帝国大学法学部卒業。
1953
年、『子守の殿』で第1回オール讀物新人杯受賞。
1956
年、『燈台鬼』で直木賞受賞。
1975
年、紫綬褒章受章
1982
年、『細香日記』で吉川英治文学賞受賞。


【関連記事】

『月影兵庫・血染めの旅籠』南條範夫(創元推理文庫)零画報

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2023/04/post-7e5e89.html

Img_3931Img_3933

2023年5月12日 (金)

コロナ禍で「新たな趣味」が増えた

コロナ禍で始めた「新たな趣味」

1.料理

2.クラフト

3.筋トレ


「コロナ禍で休日の、自宅での過ごし方に変化があったか」では「変化があった」(59.3%)と回答。「どういう変化があったのか」「家で過ごす時間が多くなった」(80.8%)「友人・家族で旅行や外食など外に出かける機会が減った」(67.4%)「自宅でできる趣味を始めた」(37.7%)と回答。


「コロナ禍で平日夜の、自宅での過ごし方に変化があったか」休日と同じく約6割の人が「変化があった」(55.7%)と回答。変化の内容については「友人・家族との外食の機会が減った」(71.2%)「会社での飲み会の機会が減った」(56.9%)「家に帰る時間が早くなり、おうち時間が増えた」(43.7%)という結果。

ノッポさん追悼番組を放送

NHK1昨年910日に亡くなった、教育番組「できるかな」の「ノッポさん」で知られる俳優で作家の高見のっぽ(本名:嘉明=よしあき)さんをしのび、関連番組をEテレで再放送するり


「みんなのうた」は14日午後215分から「グラスホッパー物語」「ハーイ!グラスホッパー」。「グラスホッパーからの手紙~忘れないで~」3本連続で放送。


「グラスホッパー物語」は作曲家の松本俊明がロンドンで遭遇した小さな事件のエピソードをもとに作った曲に共感したノッポさんが、高見のっぽとして71歳で歌手デビューし、作詞も担当した作品。みんなのうたで放送した3部作には自らも出演し話題となった。


「Eテレタイムマシン できるかな(再)」については19日午後4時から「ロボット」「変身」2本連続で放送する。

2023年5月10日 (水)

『アストリッドとラファエル 文書係の事件録』シーズン2~3放送

フランス発ミステリー『アストリッドとラファエル 文書係の事件録』シーズン23NHKにて放送決定。

運命に導かれるように信頼できる友人同士になったパリ犯罪資料局の文書係アストリッドと警視庁の敏腕警視ラファエルの犯罪捜査コンビ。二人が挑むのは、魔術の儀式を思わせる殺人や宇宙人による誘拐疑惑、古文書のオークション中の突然死など一筋縄ではいかない難事件ばかり。

アストリッドは自閉症で苦手なこともあるが、ずばぬけた記憶力と膨大な知識、論理的な思考を持っている。鋭い直感で動く行動派のラファエルとお互いの違いを補い合いながら事件を解決に導いていく。


放送に先駆けてシーズン1が一挙再放送されている。

『アストリッドとラファエル 文書係の事件録』シーズン2(全8回)は521日(日)よりNHKにて放送開始。シーズン2のあとは、続けてシーズン3(全8回)を放送予定。

https://www.nhk.jp/p/astridetraphaelle2/ts/3LZ776G9GZ/

2023年5月 9日 (火)

二酸化炭素を食べる自販機

自動販売機が二酸化炭素(CO2)を食べる――。大手飲料メーカーのアサヒ飲料が6月から、そんな新たな自販機を展開する。

自販機の内部にCO2を吸収する特殊材を設置。吸収したCO2を肥料やコンクリートなどに加工することで脱炭素につなげる国内初の取り組みだ。

「自販機の設置がまるで木を植えるのと同じ意味を持つようになる」

CO2を食べる自販機」のコンセプトは「都会の中に森を作る」。自販機内部の下段にあるスペースに、自然由来の鉱物を原料とした粉状の吸収材を設置。この吸収剤が、自販機の周辺の大気中からCO2のみを吸収する。専用の自販機を新たに開発する必要はなく、従来からある自販機に吸収材を搭載できる。


 吸収材は自販機に飲料を補充するタイミングに合わせて、月2回のペースで取り換えを想定する。

 CO2を吸収できる自販機と、その自販機を生かしたCO2の資源循環の取り組みについて特許を出願中。

2023年5月 8日 (月)

映画「ハマのドン」全国公開。

「横浜港にカジノはいらん!」

徹頭徹尾、一歩も譲らず誘致を阻止した91歳(当時)。市民の筆頭に立ち、誘致を勧める政権と対立した横浜港ハーバーリゾート協会会長、藤木幸夫氏を追ったドキュメンタリー映画「ハマのドン」全国公開。


【予告編】

https://youtu.be/uSUVgsSdw2U


解説 2021年度テレメンタリー最優秀賞、第23回ワールド・メディア・フェスティバルのドキュメンタリー部門で銀賞に輝いたテレビ朝日製作のドキュメンタリーの劇場版。

カジノ誘致問題をめぐり、賛成派と反対派が対峙した横浜市長選挙に、91歳で挑む反対派の藤木幸夫に密着した。監督は松原文枝。ナレーションはリリー・フランキーが担当する。

2023年5月 6日 (土)

起承転結の予測するカード

Img_3628

四コマ漫画と同じ展開をカードで読む。

「起」「承」「転」「結」

の順番に並んだカードから、

置かれている状況を観る。


【ペン銀舎の占いページ】

http://penguintarot.seesaa.net/article/458276965.html

2023年5月 5日 (金)

麒麟さん走る🦒

Img_3627

どこへ向かっているんでしょう?

子供の日

Img_3599

近年は子供たちが少なくなって、老人ばかりが増え続けている。

子供の人口減少は過去最高らしい。

「としよりの日」から「老人の日」から「敬老の日」へなったが、もはや「老人の日」ばかりになってしまった。

2023年5月 4日 (木)

『ミンキアーテ・タロット』と『ヴィスコンティ・タロット』の研究図書

タロット・カードの起源を解明する図書2冊が刊行。現存する最古のタロットに「ヴィスコンティ・タロット」がある。

そして1516世紀初頭のフィレンツェで生まれた「ミンキアーテ・タロット」に迫る。

中世イタリア人々の「智L’Intelligenza」を解き明かして思想を探究する。


占いのカードとしての印象ある「タロットカード」は、もともとは占いのカードでなく、イタリアの貴族の知的道具として重宝されていた。

タロットにおける「1400 年代の流行を、現存する絵画や写本、文献などから探り、当時の人々の「智L’Intelligenza」に迫ってみましょう。そしてその「智L’Intelligenza」を知ることにより、タロットカードに描かれた絵の意味を明らかにしたいと思います。」という。

そして「Minchiateミンキアーテ」というタロットは、1400年代の終わりから1500年代の初め頃にイタリアのフィレンツェで考案された遊戯用のカード。それは「作り替えられた」遊戯用カードとなっていく。


Minchiate ミンキアーテ」の特徴は、一般的なタロットの大アルカナと呼ばれている22枚の絵札が、41枚もある。それまでのタロットにはない対神徳のカード、四元素のカード、12星座のカードが含まれる。特に12星座のカードは星座の順番が通常とは異なっている。

イタリアルネサンス期の作品には「描かれた言葉」が多く含まれて、当時の賢人たちが思い描いた「教え」や「教訓」が描かれている。ミンキアーテは500年前に描かれた人生哲学を現代に伝えようとしている。

Img_3614

『ヴィスコンティ・タロット~600年前に描かれた「思想」と「教訓」~』  


目次

ブランビラ版・ケーリー・イエール版・ピアポント・モルガン・ベル

ガモ版のトリオンフィ(大アルカナ)一覧表

はじめに

第1章 予備知識

・ヴィスコンティ家とスフォルツァ家

・タロットカードの構成

・現存するヴィスコンティ・タロット

Trionfi トリオンフィに関する記述

1300年代に行われたこと~古代ギリシャ・ローマ時代への関心と表現~

I Trionfi 凱旋

Trionfi 凱旋にまつわる二つの流行からの誕生

流行1「描く」

流行2「凱旋形式のパレード」

流行からの誕生

Trionfi からTarocchi

仮説1

仮説2

仮説3

仮説4

仮説5

・どれが最古のタロット?

ヴィスコンティ家由来のL’Impresa インプレーザ

スフォルツァ家由来のL’Impresa インプレーザ

フランチェスコ・スフォルツァがビアンカ・マリア・ヴィスコンティと結婚した後(1441年以降)のL’Impresa インプレーザ

ブランビラ版

ケーリー・イエール版

ピアポント・モルガン・ベルガモ版

・誰が描いたのか?

第2章 Trionfi(大アルカナ)に描かれていること

Trionfi(大アルカナ)の配列

カードに描かれている絵(図像)

Trionfi(大アルカナ)が語ること

1 Il Bagatto 奇術師

2 La Papessa 女教皇

3 L’Imperatrice 女帝

4 L’Imperatore 皇帝

5 Il Papa 教皇

6Gli Amanti 恋人

7 Il Carro 凱旋車

8 La Giustizia 正義

9 Il Tempo 時

10 La Ruota della Fortuna フォルトゥーナの車輪

11 La Forza 力

12 L’Appeso 吊るされた男

13 La Morte 死

14 La Temperanza 節制

15 Il Diavolo 悪魔

16 La Torre 塔

17 La Stella 星

18 La Luna 月

19 Il Sole 太陽

20 Il Giudizio 審判

21 Il Mondo 世界

0 Il Matto 愚者

第3章 カードの引き方

おわりに

参考図書

画像の使用にご協力いただいた美術館や図書館

著者紹介


Img_3615

『ミンキアーテ・タロット:ルネサンス時代に生まれたもう一つのタロット』

ミンキアーテ・エトルリア(フィレンツェ製)のトリオンフィ(大アルカナ) Il Meneghello社製

ミンキアーテ(ボローニャ製)のトリオンフィ(大アルカナ)大英博 物館蔵

はじめに

カードの構成

タロットの生い立ち

占いのカードではなかった

「タロット」ではなく「トリオンフィ」

なぜ「トリオンフィ」と呼ばれていたのか?

ペトラルカの「凱旋」がもたらした流行「描く」と「パレード」

「描く」

「パレード」

流行っていた「博打のカード」

「描く」と「パレード」と「博打のカード」からの誕生

なぜペトラルカ「Trionfi 凱旋」が流行したのか?

キリスト教と古代ギリシャ・ローマの神々

行動を起こした4人の重要人物

人間らしく描く

善悪を描いて伝える

善徳と悪徳

Trionfi トリオンフィからTarocchi タロッキへ

ミンキアーテの生い立ち

Minchiate ミンキアーテ」の記述

Germini ジェルミニ」もしくは「Gemini」の記述

Minchiateミンキアーテ」から「Germini ジェルミニ」そしてまた「Minchiateミンキアーテ」

カードに描かれていること(図像)を読み解く

0. IL MATTO 愚者

1. IL BAGATTO 奇術師

2. IL GRANDUCA 大公

3. L’IMPERATORE OCCIDENTE 西の皇帝

4.L’IMPERATORE ORIENTE 東の皇帝

5. L’AMORE 愛

6. LA TEMPERANZA 節制

7. LA FORTEZZA 剛毅

8. LA GIUSTIZIA 正義

9. LA RUOTA DELLA FORTUNA フォルトゥーナの輪

10. IL CARRO TRIONFARE 凱旋車

11. IL TEMPO 時

12. L’APPESO 吊るされた男

13. LA MORTE 死

14. IL DIAVOLO 悪魔

15. LA TORRE 塔

Le Carte della Salamandra サラマンダーのカード

16. LA SPERANZA 希望

17. LA PRUDENZA 賢明

18. LA FEDE 信仰

19. LA CARITA  慈愛

Quattro Elementi 四元素

20. IL FUOCO 火

21. L’ACQUA 水

22. LA TERRA 土

23. L’ARIA 空気

Lo Zodiaco 獣帯

24. LA BILANCIA てんびん座

25. LA VERGINE おとめ座

26. LO SCORPIONE さそり座

27. L’ARIETE おひつじ座

28. IL CAPRICORNO やぎ座

29. IL SAGITTARIO いて座

30. IL CANCRO かに座

31. I PESCI うお座

32. L’ACQURARIO みずがめ座

Le Carte Rosse 赤いカード

33. IL LEONE しし座

34. IL TORO おうし座

35. I GEMELLI ふたご座

Le Arie 空気たち

36. LA STELLA 星

37. LA LUNA 月

38. IL SOLE 太陽

39. IL MONDO 世界

40. LA FAMA 名声(LE TROMBE トランペット)

誰がGermini ジェルミニ(ミンキアーテ)を考案したのか?

カードの引き方

おわりに

参考文献

画像の使用にご協力いただいた図書館

著者紹介



タロットはさまざまな年代に制作されて、図案を比べて観るだけでも人間の色んな風俗や習性が伺える。

研究書物の大作二冊は是非とも図書館に収納していただきたい図書である。


タロット・カードの起源を求めて

 『ミンキアーテ・タロット〜メディチ家に捧げたタロット〜』

『ヴィスコンティ・タロット~600年前に描かれた「思想」と「教訓」~』

香月かおり著 2冊同時発売

株式会社 説話社のプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000022077.html

坂本龍一の追悼特番『J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL A TRIBUTE TO RYUICHI SAKAMOTO』

ラジオ局J-WAVE81.3FM)では坂本龍一の追悼特番『J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL A TRIBUTE TO RYUICHI SAKAMOTO』を55日(金・祝)9:00より約9時間放送。

2003
年からJ-WAVEで『RADIO SAKAMOTO』は隔月で放送していた番組では、坂本龍一が自身の活動を紹介しながら、時々で考えたこと、出会った人などについて語った。そんな20年間にわたり放送した『RADIO SAKAMOTO』の膨大なアーカイヴの中から、貴重なトークやゲストとの対談音声、ライブ音源やスタジオ・ライブ音源を聴く。
大貫妙子、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)などアーティストたちも登場して、是枝裕和(映画監督)、福岡伸一(生物学者)、長嶋りかこ(グラフィックデザイナー)ら著名人からのメッセージが届いている。
蓮沼執太&U-zhaanによるトリビュート・スタジオ・ライブや、坂本龍一が亡くなる直前まで制作していた音源を使った大友良英とCorneliusの最新コラボ・ライブ音源、agraphこと牛尾憲輔と、元「サウンド&レコーディング・マガジン」編集長でスタジオ・RITTOR BASEのディレクター國崎晋による坂本龍一の映画音楽についての対談。坂本龍一が音楽監督を務めた東北ユース・オーケストラの音源、坂本龍一が手がけた映画『怪物』のサウンドトラック音源の初解禁などもある。

坂本龍一の音楽、発信してきたメッセージを改めて特集する、9時間の追悼特番。

【番組概要】
放送局:J-WAVE81.3FM
番組名:J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL A TRIBUTE TO RYUICHI SAKAMOTO
放送日時:55日(金・祝)9:0017:55
ナビゲーター:サッシャ
ゲスト:大貫妙子、後藤正文、永井玲衣、是枝裕和(コメント)、福岡伸一(コメント)、長嶋りかこ(コメント)

番組サイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20230505/

2023年5月 3日 (水)

ETV特集 追悼 大江健三郎さん ノーベル賞の旅(1995年放送)

[Eテレ] 54(木・祝午前1:00 ~ 2:30 水曜深夜


戦後日本文学を代表する作家、大江健三郎さんが亡くなった。ETV特集にも度々出演された大江さん。在りし日をしのんで1995年放送の「ノーベル賞の旅」を放送する。

1994年、日本人で二人目のノーベル文学賞を受賞した大江健三郎さん。NHKは、家族と共にスウェーデンでの授賞式に臨む大江さんに密着取材を行った。話題を呼んだ受賞記念講演「あいまいな日本の私」を中心に大江さんのメッセージを伝える第1回「日本人の祈り」、作曲家として歩み始めた長男・光さんとの心の交流やスウェーデンの人々とのふれあいを通して、大江文学の未来を見つめた第2回「新しい方へ」を続けて放送する。


【出演】大江健三郎,大江光

<関連番組>

あの日 あのとき あの番組 大江健三郎さん 日本人へのメッセージ

[総合] 54(木・祝午前10:05 ~ 11:24(予定)


過去の名作から今を見つめる『あの日あのときあの番組~NHKアーカイブス~』。3月に亡くなった大江健三郎さんをしのぶ。

1994年放送のNHKスペシャル「響きあう父と子~大江健三郎と息子 光の30年~」をご覧いただく。生まれつき障害がある長男・光さんとの心の通い合いが、被爆地広島への父子の思いとともに描かれている。広島は、大江さんが生涯にわたって向き合い続けた核や平和の問題の原点でもあった。NHKアーカイブスに残る番組を通して、大江さんが生涯をかけて伝えようとしたことは何か。ゲストの平野啓一郎さんとともに語り合う。

【ゲスト】平野啓一郎

【司会】森田美由紀

=======

ETV特集

https://www.nhk.jp/p/etv21c/ts/M2ZWLQ6RQP/

放送

[Eテレ] 毎週土曜 午後11:00

再放送

[Eテレ] 木曜 午前0:00 水曜深夜

2023年5月 2日 (火)

特別番組『まだ間に合う!らんまん』、ダイジェスト版の振り返り放送

植物学者・牧野富太郎の人生をモデルにしたNHK連続テレビ小説『らんまん』は5月8日放送の第6週から槙野万太郎(神木隆之介)の東京での生活が始まる。

その第6週を前に、まだこれからでも『らんまん』に追いつける特別番組『まだ間に合う!らんまん』、また、土曜日に放送してきたダイジェスト版の振り返り放送をする。

『まだ間に合う!らんまん』は、主人公のモデル・牧野富太郎博士と同じく高知県佐川町出身の声優・小野大輔がナレーションを務める。小野は今後、峰屋に出入りする呉服屋・仙石屋手代として『らんまん』のドラマ本編にも出演する。

「まだ間に合う!らんまん」5月5日(金・祝)午後6:05~6:34 <総合> 5月6日(土)午後4:35~5:04 <BS プレミアム> ナレーション:小野大輔 (声優・高知県高岡郡佐川町出身)

連続テレビ小説『らんまん』土曜版振り返り放送

5月8日(月)※7日深夜 午前2:25~3:40 第1週~第5週 <総合>

【主な関連番組】▽土スタ 『らんまん』 in 高知 <ゲスト:神木隆之介、志尊淳> 5月6日(土)午後1:50~2:50 <総合> ▽あの日 あのとき あの番組「ひたむきに愛するということ~「らんまん」と牧野富太郎~」 5月7日(日)午後1:50~2:55 <総合>

【関連展示】練馬区立【牧野記念庭園】朝ドラ「らんまん」の牧野富太郎博士のお庭 https://share.smartnews.com/46Atb

2023年5月 1日 (月)

アニメ「ちびまる子ちゃん」「まる子と一緒に新茶でひといき・さくらももこ原作まつり」放送。

アニメ「ちびまる子ちゃん」57日(日)の放送から528日(日)まで、「まる子と一緒に新茶でひといき・さくらももこ原作まつり」放送。


さくらももこ先生原作のお話の中から人気の高い5作品をよりぬき、新規作画・演出でお届けする。初めての方はもちろんのこと、以前視聴した方も新たに楽しめる人気企画。


■5/7(日)放送:1385話「おっちょこちょいのかよちゃん」の巻
かよちゃんは、ちょっぴりおっちょこちょい。まる子とかよちゃんはヒヤシンスの成長が楽しみ。陽のあたる場所に移そうとしたかよちゃんは、まる子の植木鉢をうっかり落としてしまう。謝るかよちゃんに、気にしないでと言うまる子。
実はこの時ふたりはお互いに将来の夢を語り、みんなには内緒と約束していたが、なぜか、まる子の夢を長山君が知っていた。そのことでまる子とかよちゃんの気持ちは行き違ってしまう。二人は仲直り出来るのか


■5/14(日)放送:1386話「まるちゃん 賞状をもらう」の巻
県下の絵画コンクールで入賞したまる子は全校生徒の前で表彰状をもらうことに。家族からご褒美をもらえると期待するまる子。絵のモデルになってくれた床屋さんに御礼を伝えに出かける。
そしていよいよ、全校集会当日、緊張したまる子は


「みんなでフランス料理を食べに行く」の巻
フランス料理の話を花輪くんから聞いて、食べてみたくて仕方のないまる子。自分には縁のない話だと思っていたが、なんと、お母さんの友達が、フランス料理店をやっているのだと言う。
家族でフランス料理を食べに行ったまる子たち。メニューを見て、思った以上の値段にひるむお父さんであった。店を出るか、食べるのか。さくら家、どうする…?


■5/21(日)放送:1387話「まる子、潮干狩りに行く」の巻
まる子は、お父さんに潮干狩りに連れて行ってと頼むが、あっさり断られる。落ち込むまる子だが、たまちゃんが誘ってくれたので、おじいちゃんと行くことに。砂浜で、たまちゃんもいつかお嫁に行ってしまうんですねと語るおじいちゃんの言葉を聞いて、たまちゃんのお父さんは、今日のこの日を写真に収めようと心に決めるのであった。
一方、なかなか貝を見つけることのできないまる子とたまちゃんは、潮干狩りの会場で野口さんに会う。野口さんの話によると、貝を手にするには貝脈を見つけなければならないという。それを聞いて途方に暮れるまる子とたまちゃんだが


■5/28(日)放送:1388話「今日は体力テストだ!!」の巻
今日は体力テスト。まる子は昨日行った潮干狩りで、体中が痛くて仕方がなく、つらい体力テストとなった。
みんなが大野くんと杉山くんの結果に期待する中、ひそかに体力テストに向けて土曜日も日曜日もドリブルの練習をしていた小杉くんは、今日のヒーローになろうと燃えていた。


「ちびまる子ちゃん」フジテレビ系列にて毎週(日)18時~1830分放送
フジテレビ公式サイト https://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/
「ちびまる子ちゃん」公式サイト http://www.chibimaru.tv/

<キャスト>
まる子(声:TARAKO
お父さん(声:屋良有作)
お母さん(声:一龍斎貞友)
おじいちゃん(声:島田 敏)
おばあちゃん(声:佐々木優子)
お姉ちゃん(声:豊嶋真千子)

<スタッフ>
原作:さくらももこ
脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)
プロデューサー:髙野 舞(フジテレビ)、田中伸明(日本アニメーション)
監督:高木 淳(日本アニメーション)
制作:フジテレビ、日本アニメーション

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト