« コロナ禍で「新たな趣味」が増えた | トップページ | 地震のあった夕陽 »

2023年5月13日 (土)

長編剣豪小説『月影兵庫』シリーズ・南條範夫 (光文社文庫)

『月影兵庫 上段霞切り』南條範夫 (光文社文庫)

格式ばった生活を嫌い、気ままな素浪人をつづける月影兵庫。義理の伯父・松平伊豆守信明の屋敷から消えた京洛随一の美女・綾姫の行方を追って東海道の冒険道中へ……

時代小説に本格的推理を織り込んだ傑作長編。

Img_3743

側室50数人という将軍家斉の人身御供に選ばれた綾姫は、輿入れを前に逃げ出してしまった。老中でもある叔父に月影兵庫は頼まれて、姫君をつれもどす役を仰せ付けられる。

月影はこれを機に旅ができると、江戸から京への気ままな漫遊の旅立ちとなる。いろいろな事件に関わって、道草を喰ってしまあのだった。


綾姫に叔父の政敵が手を貸したのもあって、追っ手は兵庫を含めて4人、姫君の顔を確認するのに同行した奥女中の桔梗は、後に兵庫の妻になる。旅の途中で色年増が加わって、桔梗をやきもきさせる珍道中。


月影兵庫は直参旗本(二千石)月影吉左衛門の次男坊で、身体は大柄な五尺七寸、流派は十剣無統流。その他にも薙刀、槍、柔術、捕縄術、早駆け術などこなして滅法強い。得意なのは上段霞斬り、相手の首を一瞬にして斬り落とす、愛刀は越前守助広で良く斬れる。好奇心と正義感が強くて、いろんな事件に首を突っ込んでいく性分があり、女には良くモテる。昭和の気楽な時代劇ドラマを楽しむような手軽な小説である。他にも短編集を含めて月影兵庫シリーズは全6冊。


初出=『週刊東京』1958712月連載

初刊=19592月『月影兵庫聞書抄 上段霞切りの巻』(東京文藝社) 

Img_3744

『月影兵庫極意飛竜剣』南條範夫(光文社時代小説文庫)

老中松平信明の嫡子信安が惨殺された。木挽町の下屋敷で兵庫を待っているところを襲われたのだ。犯人の追及に乗り出した兵庫は、片腕の男が事件の鍵を握っていることを知る。秘剣颯爽、シリーズ第二弾!(『片腕の男』改題)

Img_3932

『月影兵庫独り旅』南條範夫(光文社時代小説文庫)

惚れた女と一緒になって、道場を開いた兵庫。だが、恋女房の桔梗は流産し、あっけなく死んでしまう。

無常を感じた兵庫は、道場をたたんで飄然と旅に出た。そこで待ち受けるものは…?

剣と愛欲の道中記。シリーズ第三弾!


【南條範夫】

19081114 – 20041030日。
東京銀座に生まれる。東京帝国大学法学部卒業。
1953
年、『子守の殿』で第1回オール讀物新人杯受賞。
1956
年、『燈台鬼』で直木賞受賞。
1975
年、紫綬褒章受章
1982
年、『細香日記』で吉川英治文学賞受賞。


【関連記事】

『月影兵庫・血染めの旅籠』南條範夫(創元推理文庫)零画報

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2023/04/post-7e5e89.html

Img_3931Img_3933

« コロナ禍で「新たな趣味」が増えた | トップページ | 地震のあった夕陽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍で「新たな趣味」が増えた | トップページ | 地震のあった夕陽 »

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト