« 『鹿鳴館』三島由紀夫 | トップページ | 幸福と偶然とハプニング »

2023年5月28日 (日)

「気」「血」「水」について

東洋医学では「気・血・水」によって身体が構成されると考えられている。

「気」「血」「水」の三つの成分は、互いに助けてコントロールして関係し合いながら全身を巡っている。

内外の病邪によりバランスが崩れると、三つの成分の状態が変化して、その人特有の病態となる。不均衡を是正して、望ましい状態が得られる。

「気」とは臓器や器官の働きをつかさどる生命エネルギー。「気」は生命力そのもので、人間が生きていることが「気」。「気」が0になってしまうと、人間は死んでしまう。元気のもとで、次のような働きをする。

* 新陳代謝を促す。

* 体温を正常に保ったりする。

* 病気から体を守る防御作用。

* 食べ物をエネルギーに変える。

* 「気」が失調すると「血」「水」にも支障が起こる。
人体の構成成分を陰陽に分けると、気は陽に当たる。自然界だけでなく、人間の体にも陰と陽があり、そのバランスが崩れると不調につながる。健康とは陰と陽のバランスがとれた状態のこと。

「気」の力を受けて生命そのものを動かしているのが「血」である。「血」は血液とその働きで、全身に栄養を与えて潤す作用を持っている。血が不足するとイライラしたり、ぼんやりしたりして、精神面にも大きな影響を与える。
陰陽に分けると、「血」は「水」と共に陰の部分を担っている。
活動エネルギーの「陽気」と血液や正常な水液、成長発育の源となる「陰液」は、基本物質が互いに助け合いながら、制御しながら、生命の維持をしている。

「水」は体内にある組織液や消化液など血液以外のすべての体液を意味して、体の潤いのもとになる。
「水」は無生物。「気」や「血」の力で動かされている無生物が「水」。
「水」が単独で病むことは絶対にない。

「水」の病症をおこすのは、一番基本は、「気」が病んで「水」が病むこと。

要するに生命である「気」で動かされて、「血」が生命現象を営み、従って非生命現象として動くのが「水」である。病証として気、血、水が現れるのですが、対等に論ずるものではない。

Img_6036

« 『鹿鳴館』三島由紀夫 | トップページ | 幸福と偶然とハプニング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト