« タイタニック観光潜水艇の「生存信号」か | トップページ | 定山渓『支笏湖殺人事件』 »

2023年6月23日 (金)

潜水艇操縦のCEO、妻はタイタニック号乗客の子孫 NYT報道

 米紙ニューヨーク・タイムズは21日、北大西洋に沈む豪華客船タイタニック号を探索中に消息が途絶えた潜水艇を操縦していた米オーシャン・ゲート社最高経営責任者(CEO)、ストックトン・ラッシュさんの妻ウェンディさんは、タイタニック号に乗っていて亡くなった夫妻の子孫だと報じた。


タイタニック号は、1912年に英国から米ニューヨークへ向かう初めての航海で氷山に衝突して沈没し、乗員乗客約2200人のうち1500人以上が死亡した。同紙によると、ウェンディさんは、タイタニック号の1等船客だったイシドール・ストラウスさん、アイダさん夫妻のやしゃごにあたるという。ストラウスさんはドイツ生まれで、米有名百貨店メイシーズの共同経営者だった。

 英国立公文書館のウェブサイトによると、タイタニック号の乗船時に高齢だったストラウスさんは、氷山に衝突した後、若い男性客が救命艇への乗船を拒まれているのを見て船にとどまった。妻アイダさんは「あなたが行くところに私も行く」と言い、救命艇に乗るのを拒否したとされる。

 アイダさんは一緒にいたメイドを救命艇に乗せ、毛皮のコートを渡した。夫妻は、波にさらわれる前にデッキで手をつないでいる姿が目撃されているという。ニューヨーク・タイムズによると、ストラウスさんの遺体は見つかったが、アイダさんは見つかっていない。

 97年公開のヒット映画「タイタニック」で、浸水する部屋のベッドで老夫婦が抱き合う場面は、ストラウス夫妻の物語から着想を得たとされる。

【毎日新聞】


【関連記事】

行方不明の潜水艇にて、ゲームパッドが使われていた可能性。しかし懸念点はそこではない

https://share.smartnews.com/p4isb

« タイタニック観光潜水艇の「生存信号」か | トップページ | 定山渓『支笏湖殺人事件』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト