« 「描くことは再び愛すること」ヘンリー・ミラー | トップページ | 「宇宙人は100%、地球にいる」、スタンフォード大学教授が断言 »

2023年6月 1日 (木)

森村誠一サスペンス「灯」BS TBS放送

森村誠一サスペンス・一文字タイトルシリーズ第1弾。

思春期の子供との確執がもたらす殺人事件を、同じように娘とのすれ違いに悩む刑事・川合祐介が捜査に挑む。我が家の灯火が灯っていることが唯一の幸せと言っていた男が殺害された。だがその実、男は一人息子の家庭内暴力の業火に苦しみ、家庭は崩壊寸前だった。真犯人はその息子と推定された。事件を捜査する中年の刑事もまた、離婚して一人暮らしだが娘の反抗に悩んでいた。被害者の地獄のような家庭に乗込み、父親を殺害したとされる少年に対面するが、彼の心に潜む焦燥感と孤独は自分の娘のそれに似て辛い。やがて、事件は意外な方向に転回する。
事件を追うことで少年たちの心の奥底に潜む様々な心情を知る刑事。父親として刑事としての苦悩が鮮明に描き出される。そして事件の裏に奇想天外な「交換殺人」という謎解きの面白さも加味されていて一級のサスペンス作品に仕上がっている。


【ストーリー】
実直な会社員・山寺(望月太郎)の刺殺体が自宅近くの公園で発見された。捜査のため山寺宅を訪れた刑事・川合裕介(根津甚八)は、進学校を中退した一人息子・敬太が家庭内暴力を繰り返している事を見抜く。事件当夜の目撃談やアリバイ工作の崩れから事情聴取を受けた敬太は、犯行を自白、事件は解決するかに見えた。だが、その供述に何か自暴自棄的なもを感じ、疑問を抱く川合。敬太の態度に、離婚した妻・美恵(原日出子)の元で暮らす娘・美希(須藤温子)の反抗的な態度が重なったのだ。
そんな中、事件の3カ月前、山寺は乗車したバスの運転手が心臓発作で倒れるという事故に遭遇していた事が判明する。そして同じバスに乗り合わせた乗客の周囲にも不可解な出来事が起こっていた。信用金庫に勤める八木(市山登)の顧客・クラブホステスのひとみが何者かに殺害され、喫茶店経営の吉見(梶原善)の愛人・リエも行方を晦ましていた。川合はそれぞれの事件に何か関連性があると直感する。


【出演】根津甚八、野際陽子、原日出子、山田純大、松本留美 ほか


プロデューサー 吉田由ニ

ディレクター・監督 小澤啓一

原作 森村誠一

脚本 石倉保志


2001制作

スイートベイジル/TBS

« 「描くことは再び愛すること」ヘンリー・ミラー | トップページ | 「宇宙人は100%、地球にいる」、スタンフォード大学教授が断言 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト