« 「カエルが鳴きだした日」 | トップページ | 『誰知らぬ殺意』夏樹静子 ミステリー短編傑作集(光文社文庫) »

2023年7月10日 (月)

「夏樹静子サスペンス 揺らぐ灯」TBS

夏樹静子原作。高橋由美子演じる雑誌編集者の星実が、苦い思い出のある故郷・熱海で殺人事件に巻き込まれるサスペンスドラマ。星実を見守る婚約者・徹を船越英一郎が好演。そのほか、5年前に星実が故郷を出るきっかけになった事件を起こした星実の父親・憲三として近藤正臣が出演するなど、実力派の俳優たちが顔を揃えた。2003年作品。


【ストーリー】
雑誌記者の星実(高橋由美子)は5年前に父親・憲三(近藤正臣)が起こした事件をきっかけに当時の婚約が破談になって以来、故郷の熱海を離れていた。しかし今、彼女は徹(船越英一郎)という愛する婚約者を得て、彼とともに再び熱海に帰る決意を固めていた。休暇中に徹と熱海へ訪れた星実は、ホテルでエステティックサロン美麗の社長・滝井和佳子(新藤恵美)を見つけ、彼女を追いかける。熱海に来る直前、星実は滝井社長の依頼でエステティックサロンの広告を雑誌に載せたのだが、詐欺まがいの勧誘をされたなどと読者から編集部に抗議が殺到していた。星実はこの件について滝井社長を問いただすが、彼女はしらを切って逃げてしまう。翌朝、熱海の七半岸壁に滝井和佳子の死体があがった。警察の調べで、滝井社長は熱海で弟・小野寺志郎(モロ師岡)からの金の無心を断っていたことが明らかになる。警察に疑われた小野寺は、自分のほかにも姉と揉めていた女性がいたと星実の存在を示唆。また、徹も滝井社長と7年前に関わりがあったことが分かる。一方、星実はずっと許せなかった父・憲三の行方を訪ね歩いていたが


【出演】高橋由美子、近藤正臣、船越英一郎、喜多嶋舞、三浦浩一 ほか

2003年 東阪企画

【プロデューサー】堀貞雄、高橋喜久雄

【監督】廣瀬襄

【原作】夏樹静子

【脚本】洞澤美恵子

https://bs.tbs.co.jp/drama/yuraguhi/

🔲 意外な崖っぷちに立たされる主人公。信じていた人が主犯だったとは。犯人を演じてた近藤正臣さんが痛ましい。

« 「カエルが鳴きだした日」 | トップページ | 『誰知らぬ殺意』夏樹静子 ミステリー短編傑作集(光文社文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト