« 「ミステリと言う勿れ特別編」は9月9日にフジテレビ系で午後9時から放送 | トップページ | 【特集ドラマ】犬神家の一族 ETV今夜放送 »

2023年9月 7日 (木)

『平城山を越えた女』内田康夫

Img_5391

大和と京を結ぶ「奈良坂」で消息を絶った女を探す浅見光彦は、文人縁の宿「日吉館」を訪れる。その矢先、ホトケ谷で変死体が発見され、仏像ファンの編集者・美果共々、警察に嫌疑を掛けられる羽目に……。三度盗難に遭った「香薬師仏」が招く悲劇を、歴史ロマンに彩られた筆致で描く著者屈指のミステリー。【内容紹介】


プロローグ

第一章 写経の寺にて

第二章 奈良の宿・日吉館

第三章 香薬師仏の秘密

第四章 厄介な容疑者

第五章 消えた「本物」

第六章 日本美術全集

第七章 菩薩を愛した男

第八章 秋篠の里の悲劇

エピローグ

Img_5392

京都〜奈良を舞台にした旅情ミステリー。

文芸編集から美術書編集への移動を内示された、阿部美果は気分転換に京都〜奈良の寺巡りの旅に出る。

京都の寺で写経をしていると、或る老人と出会う。仏像に魅せられて一人旅に出た娘が、行方不明になり探していた。娘の書いた写経がないか調べたいらしい。

その場に居合わせた浅見光彦は、娘の居所を探すなら彼女が泊まったホテルで、聞き込みをすべきだと。同じホテルに泊まる予定の美果が、ホテルの従業員に聞くことになる。

確かに泊まっていたが、その後のことはわからない。気になった浅見は、ホテルを変えてきて美果に会う。話を聞いた浅見は突っ込み不足なので追求して、ホテル内の料理屋で失踪した娘が、女性と会食したのがレシートから判明する。

奈良の谷で他殺体が発見されて、警察が捜査する。新聞で知った美果は失踪した女性ではないかと、その父親へ電話するが要領を得ない。どうも父親という人物と、名刺の人物とは別人のような気がする。

ホテルで聞き込みをしてたのが原因で、美果と光彦は警察からマークされる。

奈良の名物旅館「日吉館」閉鎖の噂で、取材に来ていた光彦は、泊まっていた美果に案内されて取材を無事終えた。

美果の印象を弥勒菩薩に似ていると、浅見は記事にも書いた。それが縁で事件に興味ある大学教授が、関わって話が展開していく。

戦時中に日吉館近くにあった新薬師寺の秘仏、香薬師仏盗難事件があり、いまだ行方は不明である。教授は学徒出陣する前に日吉館に泊まり、仲間が秘仏盗難したのに気づいていた。首謀者は今や一流企業の社長で、失踪した娘の父だと男が名乗った名前は、その社長の部下だった。

香薬師に惑溺した男が、それに似た女性に異常な愛を持つようになって、浅見はいくつかの事件の背後に気づいてゆくのだった。


秋艸道人

「あおによし ならやまこえて」 

「あまごもる ならのやどりに」

« 「ミステリと言う勿れ特別編」は9月9日にフジテレビ系で午後9時から放送 | トップページ | 【特集ドラマ】犬神家の一族 ETV今夜放送 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト