« 筒井康隆さん「最後の作品集」刊行 | トップページ | 『ミステリーと言う勿れ』TBSドラマ »

2023年9月19日 (火)

【BS⽇テレ】⽕曜22時枠で「髙村薫スペシャル 連続ドラマWマークスの山」が無料初放送!上川隆也主演で9月19日(火)スタート!

<番組概要>

【タイトル】あなたに魅せるドラマ 髙村薫スペシャル 連続ドラマW「マークスの山」

【放送話数】全5話

【放送開始】2023年9月19日(火)22:00~23:10 ※初回拡大

【放送局】BS日テレ

【出演・スタッフ】

合田雄一郎/上川隆也

加納祐介/石黒賢

根来麻美/小西真奈美

水沢裕之/高良健吾

加納貴代子/鈴木杏樹

佐野国男/大杉漣

高木真知子/戸田菜穂

林原雄三/小日向文世

原作:髙村薫「マークスの山」(講談社文庫)

監督:水谷俊之、鈴木浩介

脚本:前川洋一

音楽:澤野弘之

制作協力:東阪企画

製作著作:WOWOW

【番組HP】https://www.bs4.jp/marksnoyama/

<ストーリー>

閑静な住宅街で起こった元暴力団員・畠山(池田成志)の殺人事件。事件の担当となった捜査一課七係の合田雄一郎警部補(上川隆也)は、生前の畠山の足取りを追うが糸口を掴めずにいた。時を置かずして、法務省官僚である松井(矢島健一)が殺されるという事件が起こるが、その傷口は畠山の事件のものと酷似しており、事件は連続殺人へと発展したかに見えた。だが警察上層部からは「合同捜査はなし」という不可解な命令が下る。合田は大学時代の同期であり元妻の兄でもある東京地検検事・加納(石黒賢)に事情を求めるが「上の命令に従え」と拒まれ、合田たちの捜査は困難を極めていく。

 一方、医療刑務所を出所した謎の青年・水沢(高良健吾)は、恋人であり看護師の真知子(戸田菜穂)の元に身を寄せていたが、彼が時折漏らす「暗い山」という言葉の影には何かしら秘密めいたものが感じられていた。

 「週刊潮流」の記者である根来(小西真奈美)は、建設会社社長の佐伯(佐野史郎)の贈賄容疑を取材していたが、編集長の滝沢(相島一之)から畠山の殺害事件を追いかけるよう命令を受ける。

 そして、行き詰る捜査の中で浮上した参考人の中には、畠山の前科事件の公判を担当した弁護士の林原(小日向文世)もいた…。

 巧妙に張り巡らされた“組織の圧力”。意地とプライドにかけて“見えない敵”を追い続ける刑事たち。果たして「マークス」とは、いったい何なのか?

« 筒井康隆さん「最後の作品集」刊行 | トップページ | 『ミステリーと言う勿れ』TBSドラマ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト