« 村上RADIO ~『サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」完全カバー~』 | トップページ | 「 安乗の稚児」 伊良子 清白 »

2023年10月27日 (金)

読書の秋と小説

小説の語源は中国史の元の時代まで遡る。元々「とるに足らないお話」などを意味する小説だった。

明治に活躍した坪内逍遥が、『小説神髄』という著作の中で英語のnovelの日本語訳に「小説」を当てはめたのが、言葉の由来だとされる。

その以前から中国では、novelに対する訳語として「小説」という言葉を当てはめていたが、坪内逍遥がこの語の用法をより詳しく定義した。


夜が長くなり、朝晩も涼しくなった。

涼しくなると本の頁をめくる手もはかどる。そんな思いを綴った「灯火親しむべく」で、読書の秋を意味する。

〈秋になり、長雨も晴れ、涼しさが郊外の村にやってきた。灯火もようやく親しめるようになったので、夜、巻物をひもとくのにふさわしい。〉韓愈「符読書城南」


日本では夏目漱石の『三四郎』の中で引用され、日本に広まり始める。

〈そのうち与次郎の尻が次第に落ち付いて来て、燈火親しむべしなどといふ漢語さへ借用して嬉しがる様になった。〉夏目漱石「三四郎」

大正時代に初めて開催された読書週間で、「灯火親しむべし」と用いて、広めたことから「読書の秋」のイメージは始まったという。

« 村上RADIO ~『サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」完全カバー~』 | トップページ | 「 安乗の稚児」 伊良子 清白 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト