« <BSフジサスペンス劇場>『浅見光彦シリーズ12 三州吉良殺人事件』 | トップページ | 血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル »

2023年10月12日 (木)

ミステリー・セレクション・浅見光彦シリーズ23 藍色回廊殺人事件

BS TB S 10/1313:5516:00


同じ男を愛した姉妹の悲劇吉野川に情念の炎が燃え上がり惨劇の幕が切って落とされる!


出演者

出演:沢村一樹、加藤治子、村井国夫、遠野凪子、今村恵子、大浦龍宇一、鹿内孝、五代高之、石塚義之、若林豪 ほか


 ルポライターの浅見光彦(沢村)は、四国八十八ヶ寺の取材のために徳島へ旅立とうとしていた。偶然、光彦の母・雪江(加藤)も藍染の着物を新調するのと大谷焼きの壷を見るために徳島へ行くという。光彦にとっては仕事のみならず雪江のお供というもうひとつの仕事も加わってしまったかたちだ。五番札所の「地蔵寺」で五百羅を取材していると、光彦は今尾賀絵と名乗る不思議な女性と出会う・・・。


原作:内田康夫「藍色回廊殺人事件」(光文社文庫)

脚本:石原武龍、小澤俊介

演出:佐々木章光

 TBS制作2007

序幕から何度も出てくる、崖っぷちの景色が、浅見光彦の高所恐怖症と絡んでおかしい。藍染に必要な「外土」の関わりが興味深い。


Img_5932

『藍色回廊殺人事件』内田康夫(光文社文庫)

 四国を東西に貫く大河・吉野川。県は地域振興のため、この川の流域を「藍色回廊」と名付けた。四国八十八カ寺の取材のため、徳島県を訪れていた浅見光彦は、迷宮入り直前の殺人事件に出合う。調査を進める浅見は、住民を賛否で二分する吉野川可動堰建設問題に直面した。そして、新たな殺人事件が……

 川に翻弄される女たちの運命。浅見が辿りついた真相とは!?

« <BSフジサスペンス劇場>『浅見光彦シリーズ12 三州吉良殺人事件』 | トップページ | 血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト