« 紹興酒 | トップページ | 『金沢殺人事件』浅見光彦シリーズ »

2023年10月24日 (火)

「明るい方へ」「こだまでしょうか」金子みすず

「明るい方へ」金子みすず

明るい方へ

明るい方へ。

一つの葉でも

陽ひの洩もるとこへ。

藪かげの草は。


明るい方へ

明るい方へ。

翅は焦こげよと

灯ひのあるとこへ。

夜飛ぶ虫は。

明るい方へ

明るい方へ。

一分もひろく

日の射さすとこへ。

都会まちに住む子等は。



「こだまでしょうか」金子みすず


「遊あそぼう」っていうと

「遊ぼう」っていう。


「馬鹿ばか」っていうと

「馬鹿」っていう。


「もう遊ばない」っていうと

「遊ばない」っていう。


そうして、あとで

さみしくなって、


「ごめんね」っていうと

「ごめんね」っていう。


こだまでしょうか、

いいえ、誰でも。


『金子みすゞ名詩集』(彩図社)


金子みすゞ(本名、金子テル)

1903年に山口県長門市仙崎で生まれ1930年に26歳の短い生涯を閉じた童謡詩人。

詩人として活動したのは、年代的には、大正末期から昭和初期。その時代には鈴木三重吉が創刊した「赤い鳥」や野口雨情が編集長をした「金の船」(のちに「金の星」と改題)、などの童話童謡雑誌がたくさん創刊されて童謡の時代だった。

西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されて、童謡の世界に彗星のごとく現れてひときわ光を放った。

20歳で、4つの雑誌「童話」「婦人画報」「婦人倶楽部」「金の星」に投稿したすべての作品が掲載されるまばゆいばかりの鮮烈デビューをはたした。

「童話」には「お魚」と「打ち出の小槌」、婦人倶楽部には「芝居小屋」、婦人画報には「おとむらいの日」、金の星には「八百屋のお鳩」が掲載される。

« 紹興酒 | トップページ | 『金沢殺人事件』浅見光彦シリーズ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト